夏になると家の軒先などに「蚊取り線香」がたかれ独特の匂いをかもしだします。

最近では、虫除けスプレー関連の商品も色々と販売され蚊取り線香を目にする機会が昔に比べて少しずつ減ってきてはいます。ですが以前は虫除け関連の商品といえば蚊取り線香が定番でした。今でも、その懐かしさや関連グッズの販売により新たにブレイクする兆しを秘めています。なので、使ったことがなくても見たことがあると言ったひとも多いのではないでしょうか。その為今では、蚊取り線香も「夏の風物詩」のひとつといってもいいかも知れませんね。

現在販売されている蚊取り線香は、一巻きの長さが75センチ・重さ13グラムとなっており、約7時間連続使用できるように設計されています。これは、人間の睡眠時間に合わせた時間設定です。ちなみに、長さ90センチで9時間連続使用できるタイプもあります。

こんな蚊取り線香には、豆知識があるのです。9時間の蚊取り線香が出来た背景にはどのような意図があるのかは皆様の想像にお任せしますという事で・・・・。

では、これから温かくなると、紫外線なども気になりますが、蚊に刺されることも気になりませんか?自宅では蚊取り線香をおしゃれに使ったりしていても、外出時にとまではいきませんよね。夏は日差しがきついのでついつい夕方に、ペットの散歩や子供の散歩に行くと蚊にたくさん刺されてしまいます。

寝ている時も散歩の時も「プ~ン」というあの音!一度聞こえてくるとその辺りをずっと飛び回るので退治しようとしてもなかなか上手くいかなかったりします。本当にもうこれは夏の最大の悩みなのです。蚊は知らない間にわたし達の側に忍び寄ってきます。なぜ、あんな素早く寄って来る事が出来るのでしょうか?特に山や草木の生い茂った場所、池のある場所へいくとかならず数か所刺されてしまいませんか?

やぶ蚊は、至る所で、おいしい血の人間が寄ってくるのを待ち構えているかのように忍び寄ってきます。なぜ、やぶ蚊は私たちの居場所がわかるのかと思ったことはありませんか?実は、やぶ蚊は私たちが息をして出している二酸化炭素に反応して、匂いを嗅ぎつけてやってきます。やぶ蚊を見てみると、先ほどまで自分がいた場所にぶんぶん飛び回っていることがあると思います。やぶ蚊に刺されたくないからといって、呼吸を止めるわけにもいきません。

子供と大人が一緒にいる場所では、なぜ子供の方がたくさんさされてしまうのは、子供の温度が高いからです。やぶ蚊は温度を感知することが可能なので、体温の高い子供は狙われやすいのですね。しっかりとやぶ蚊の習性を知って、親子で対策をしていきましょう!


■刺されない為の注意点

♦刺されやすい体質
ちなみに蚊に刺されやすい人がいるのです。これに当てはまる人は特に注意しておいたほうが良安心です。血液型がO型の人はA型の人の2倍刺されやすいと言われています。また、体温が高い人・汗をかきやすい人・アルコールを飲んでる人・足の臭いがきつい人は特に刺されやすいと言われていますので、こまめに汗を拭くなどの対策が必要です。こどもは、汗をかきやすく体温も高い為、良く見てあげるのが重要です。

♦服装は白がベスト
蚊は、暗い色に集まる習性があります。特に『黒』に集まりやすいことが実験で証明されています。

♦柑橘系のアロマを使う
蚊は、柑橘系の匂いを苦手とします。虫よけ効果が期待できるのは「シトロネラ」「ゼラニウム」「ラベンダー」「ミント」「レモン」「レモングラス」「ペパーミント」など。また「ハッカ油」も効果があります。


■刺された時の対処方法

♦絶対にかかない
蚊に刺された時は、冷やすのが一番です。水で刺された場所を洗い流すのも効果あります。どんなに痒くてもかいて爪で傷を付けてはいけません。余計に痒みが広がることもあることです。肌に傷をつけることはシミを自分で作っているようなものです。

♦蚊の怖さ~伝染病
蚊に刺されて危険なのは何と言っても、伝染病に感染する可能性があるということです。死亡率をみてみても、毎年多くの死亡者が出ているのです。海外で猛威を振るっている様々な病原菌を持った蚊が飛行機などにのってやってくる可能性が高いのです。蚊に刺されることはとても怖い事と考えて生活する事が大切です。


蚊は昔から身近にいた害虫ですがわたし達の命をも脅かす存在になってしまいました。地球全体の温暖化により、これから蚊のシーズンはこれから伸びるとも考えられます。蚊を減らすにはできるだけ家の周りの蚊の発生源となりそうな部分、蚊がたまりそうな部分をなくすことが大切です。①水がずっとたまっている場所をなくす。②生い茂った木を剪定してスッキリさせる。③雨水がたまったおもちゃなどを撤去して、水がたまらないようにする(雨水ではボウフラが発生します。)

その他にも、庭にやぶ蚊が来ないようにするために良いのは蚊が嫌いな臭いを発するハーブを植えることです。窓辺に小さなプランターに入れて植え込んだりしておくと、蚊が寄り付きにくくなります。人にとっては良い香りなので、非常に良い方法だと言えます。ハーブを植えると育てる必要があり、それは面倒だという方には、【虫よけアロマオイル】を使ってみてはいかがでしょうか。天然成分で子供から大人まで使える虫除け。 安心・安全なアロマの虫除けです。タオル、洋服、帽子、ベビーカー、カーテンなどに使用すると虫除け効果も持続しやすいです。手軽に使える虫よけとしてこの夏使用してみてはいかがでしょうか。
【持ち運びに便利な自然素材の虫よけアロマオイル】https://goo.gl/zTziS6

katorisenkou-photo-thumbnail5

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)