最近何だか物事がうまくいいかない・・・。もしも今お部屋が散らかっていたら原因はその部屋にあるかもしれません。お部屋の状態と、心の状態はまさに比例します。部屋の乱れは、負のスパイラルにも繋がりかねません。現在お部屋の中が散らかっていて「今の自分チェック」が2つ以上当てはまったら黄色信号ですよ。



【今の自分チェック】
・イライラする、怒りっぽい

・仕事の時、頭の中でうまく整理ができない

・集中力が持続できなくなった

・気持ちがもやもやする

・待ち合わせ時間に遅れるようになった

・最近だらしなくなっている気がする

・色んなことが面倒だ


お部屋の中が散らかっている皆さん、いくつ当てはまりましたか?



【モノを滞留させない】
「滞留=物事がうまくいかず滞ること」です。モノを滞留させていれば、うまくいかない状態の中で毎日生活していることになります。使わずに滞留させておくのではなく、モノを使って外に出してあげましょう。そして新しいモノを招いてあげてください。



【全てにおいてだらしなくなる】
散らかった部屋で住んでいる人は、お部屋のお片づけはいつも後回しにしているでしょう。様々な部分でも後回しをして、「後回し人生」を送ることになります。掃除・洗濯はもちろん、支払いや大事なこと、面倒なことも全て後回しにしていくのです。これでは内面がだらしなくなっていきます。



【人間関係にも影響する】
◆人はモノでコミュニケーションをとる
例えば、夫婦で暮らしていて旦那様が洋服を脱ぎっぱなしにしているとします。すると奥様は「どうしてここに脱ぎっぱなしにしているの!」とイライラして怒るでしょう。このように、人はモノでコミュニケーションをとっているのです。


◆お子さんとのコミュニケーションにも関係している
ある小学生のお子様がいらっしゃるご家庭の話ですが、まだ低学年なのでリビングで宿題をしています。ですが、部屋は散らかり放題で漫画やゲーム、おもちゃ等子供にとって気になる誘惑がいっぱいあります。そんな状態ですからお子さんは宿題中に集中が出来ず漫画やゲームに手を出してしまいます。すると母親は「早く宿題をしなさい!」と怒ります。怒りたくないのに怒らなければいけないわけです。その後、リビングの宿題をするスペースには漫画やゲームが目に入らないようにしてお部屋の中もスッキリさせたところ、お子さんの集中力が上がり母親は宿題をしなさい!と以前より言わなくなったそうです。


◆離婚の一つの原因にも
最近よく聞くのが、お片づけができない女性と結婚して離婚してしまうパターンです。旦那様がお片づけができなくて奥様は得意というパターンはあまり離婚に繋がった話は聞かないのですが、旦那様が得意で奥様ができないパターンは要注意です。もちろんお片づけだけが離婚の原因という訳ではありませんが、離婚をした男性が口にするのが、「奥さんは片づけが苦手でいつも部屋が汚くて家に帰るのが嫌だった」と言います。疲れて帰ってきて部屋が散らかっていると気分も滅入ってしまうそうです。結婚して旦那様が気持ちよく帰ってこられる空間にしたいですね。またイライラ、怒りっぽくなれば彼氏やお友達との関係も悪化していくかもしれません。このようにお部屋の状態は人間関係にも大きく影響していくのです。



【部屋がキレイだと心もキレイになる】
逆にお部屋がキレイだと、頭の中もスッキリ!物事の整理ができるので仕事にもよい効果が表れますし、イライラもしなくなって笑顔が増えたという声もよく聞きます。やる気がおきたり、人とのコミュニケーションが上手になった、ステキな出会いがあったという方もいらっしゃいます。



いかかでしょうか。お部屋はまさに今の自分を映し出している「鏡」。部屋が散らかってきたら、今自分の心の中は乱れかけている合図だと思ってくださいね。

1024-cc-library010000175[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)