急な出張が入った。仕事で疲れているのに、家に帰ってから荷造り・・・。本当に面倒ですよね。また、出張先で「持ってくるのを忘れてしまった!」こんな経験はありませんか?著者は過去仕事で年の半分出張に行っていたことがあるのですが、自身の経験から今回は出張だけでなく旅行にも役に立つ、簡単!楽チン!な荷造り法をお教えします。



【いつも持っていくものはキャリー収納】
いかにラクに荷造りをするかは、余計な動きをしないことに尽きます。荷造りの際に持っていくモノを一つ一つあっちに行ったりこっちに行ったり取りに行くから時間もかかりますし面倒なのです。毎回必ず持って行くドライヤーやシャンプー・コンディショナー、入浴剤、歯ブラシ、歯磨き粉、折畳み傘、着替え用の袋、衣類圧縮袋等は、出張専用を作りキャリーケースの中に常に収納しておくと荷造りがとてもラクになりますよ。また帰ってきてからもキャリーケースに入れたままでよいので元に戻さなくて済み時短になります。



【ファスナーファイルケースは便利】
化粧水や乳液等の普段使用している基礎化粧品入れは100円均一でも売っているファスナーファイルケース(A4サイズ)がおすすめです。A4サイズあるので基礎化粧品をまとめて入れられますし、出張先に着いたらバスルームにケースごと置いておけばよいのでラクですよ。帰りの荷造りもケースに放り込むだけなので入れ忘れも防げます。また、万が一液体が漏れた時でも水で洗えるのでとにかく便利です。



【持ち物リストで忘れものなし!】
忘れ物をしてしまうのは、頭で考えながら荷造りをするからです。持ち物リストをあらかじめ作っておけば、入れたモノをチェックすることができます。出張先で購入してしまえばまた同じモノが家の中に増えていくことになり経済的に無駄な買い物ですよね。これなら忘れ物をすることはありません。



コード類は専用ポーチに】
出張の時に、よく忘れがちなのが携帯の充電器や、PCのコード、イヤホン等のコード類です。忘れがちなコード類は専用のポーチを作ってその中に入れておきましょう。普段使いとしても使用できて便利です。



【小物類はサプリケースがおすすめ】
ピアスやイヤリング、ネックレスといった小物は、サプリメントケースにまとめて収納するのがおすすめです。これならまとめて収納しておけますので探し物もなくなります。


【キャリーケースの収納】
◆ソフトタイプのキャリーケース
ソフトタイプのキャリーケースは荷物が外からの衝撃を受けやすいので壊れやすい物などは中心部分に入れ、周囲に衣料品やタオルといったクッションの役割となるやわらかいモノを入れましょう。またケースを立てたときに安定するように、重い物は下の方に詰めましょう。


◆ハードタイプのキャリーケース
ソフトタイプのキャリーケースは、両面にバランスよくモノを収納するよりも片面にピッチリ詰めた方が安定します。フタ側には軽めのモノを入れるとよいでしょう。ハードタイプも同様に、重いモノは下に収納をしましょう。


【着替え入れはそのまま洗えるメッシュポーチがおすすめ!】
穿いた下着類は帰ってから袋から出さず洗濯機にポンッと入れられる「メッシュポーチ」がおすすめです。洗濯用ネットでもOKです。家事も時短になりますし、とにかく帰ってきてからがラクですよ。


【帰ったらすぐに元に戻す】
出張から帰ってきたらまずは座ってゆっくりしたいと思うものですが、ここで後回しにして落ち着いてしまうと元に戻すのが嫌になってしまいます。キャリーから出すモノは落ち着く前に元の場所に戻してしまいましょう。落ち着いた後にイヤイヤ、ダラダラやるよりもサッと短時間で元に戻せます。



いかがでしょうか?これなら仕事から疲れて帰って来てもスムーズ、ラクに荷造りができ忘れ物もなくなります。ぜひお試しくださいね。

ビジネスマンフェイスブックカバー素材無料[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)