梅雨に入るとバスルームに湿気がこもりお掃除するのも憂うつになりますね。ちょっとしたコツをつかめばバスルームのお掃除も楽になりますよ。なるべくカビが生えないように今年はお掃除頑張ってみましょう。



「水垢」
鏡や蛇口に付着する白い水垢

水垢は水に含まれるカルシウムやマグネシウム等のミネラル分が固着したものです。これらはアルカリ性の物質なので、酸性の物質と反応することで中和され落としやすくなります。付きはじめは落ちやすいのですが、長時間蓄積されたものはなかなか落とすことが困難です。早めの対策をしておけるとよいですね。

1.一般的なお風呂用洗剤は中性~アルカリ性のものが多く、これらを使ってこすっても取れないことが多いです。このような場合には酸性の洗剤(トイレの洗剤など)か酢やクエン酸をしようしてみましょう。クエン酸をキッチンペーパーなどに浸し貼り付けて、上からラップでカバーして数時間放置してからとってみましょう。2の研磨剤を使った方法をしたくない方はこれを数日にわたり何度もやってみて下さい。

2.長期間蓄積した汚れには洗剤では落としきれないかもしれません。そんな場合には研磨剤の助けが必要になります。研磨剤の入った洗剤、または歯磨き粉の研磨剤の効果でしつこい水垢を取りましょう。乾いた布につけて少しづつこすり取って下さい。

3.鏡用ダイヤモンドパットを使うのも一つの手です。最硬質な研磨剤「人工ダイヤモンド」を使用したプロ仕様の研磨ツールです。その効果は目を見張るものがあります。



「ピンクの汚れ」
バスルームに発生するピンクの汚れ。誰でも見覚えがありますよね。特に隅などにはびこってお掃除してもすぐにまた発生するイライラの原因です。その正体は酵母・ロドトルラなのです。カビではなく酵母なのだそうです。水分だけで発生するため、ちょっと気を抜いただけで数日で繁殖してしまいます。ロドトルラは普通のお掃除で簡単に落とせます。お風呂用の中性洗剤でも落とすことは出来ますが、発生を抑えるためには重曹沸騰水が有効だと言われています。


1Lの水に80gの重曹を溶かして沸騰させるだけです。作るときにアルミ製品は重曹と反応してしまうのでホーロー鍋を使用してください。

菌の色自体がピンク色で、一定数まで増えると目で見ても色が確認できるようになるのです。ピンク色の原因となる菌は洗剤や乾燥に強いので今までの洗剤では落としにくく換気扇を回してもすぐに繁殖してしまいます。



「黒カビ」
浴室だけでなくお家の中の色々な場所で発生する可能性のある黒カビ。カビというとこのイメージが強いですね。湿気を好み浴室は特に発生しやすいところです。見た目によくないだけでなく、アレルギーや病気の原因にもなるためこまめに掃除して対処する必要があります。市販のカビ用スプレーなどが効果的ですが、塩素系の漂白剤で落とすことが出来ます。すぐには取れないのでキッチンペーパーで湿布してラップをするか、片栗粉に混ぜて塗りつけるのも効果的です。




「排水溝」
バスルームの排水溝には様々な汚れがたまりやすく、石鹸カスなどのアルカリ性の汚れと皮脂などの酸性の汚れが混じり合っている状態です。大抵の場合はヘドロのように固まっているのでなるべく触らずに取り除きたいものです。そこで役立つのがアルカリ性の重曹とクエン酸(または酢)を利用した掃除です。重曹は酸性のクエン酸と混ぜると発泡しますがこの時に発生した泡がお風呂の排水溝の汚れに絶大な効果を発揮します。


1.排水溝に重曹を振りまきます。排水溝の大きさにもよりますが排水溝が隠れるくらいの量で良いと思います。

2.振り掛けた重曹の上にクエン酸水、またはお酢をふりかけて30分ほど放置します。

3.お湯で洗い流せばぬめりが取れているはずです。

4.定期的に行うことでニオイの防止にもなります。



「普段のお手入れ方法」

1.1番最後にバスルームを使った人がシャワーを使ってまずはお湯で流します。これは石鹸カスや皮脂を洗い流すためです。汚れが残っていると汚れになるのでいつも汚れがついていたところは丁寧に流しましょう。

2.汚れが流せたらシャワーのお水でバスルーム全体を冷やします。暖かいままだとカビが発生しやすくなるのでここで冷やしてしまいましょう。

3.スクイジーを使って鏡の水分を拭き取ります。スクイジーはプロのお掃除屋さんが使っているようなT型の道具です。簡単なものが100円ショップでも売っているので是非用意しましょう。

4.完全にカビを防ぎたい方はここでタオルなどを使ってバスルームの水分をふいてしまいましょう。天井はフロアワイパーを使うとふき取ることが出来ます。

5.排水溝を開けて髪の毛などを取り除きましょう。髪の毛が残っていると排水能力が低下するばかりでなく匂いの原因を作ってしまうこともあるので毎日とりましょう。

6.窓のあるバスルームは少しでも換気をするといいですね。夜は防犯上の問題もあるので出来るときにしましょう。

7.マンションなどのバスルームで浴室暖房乾燥機がついている場合は換気をしっかりしましょう。湿気の多い季節などは乾燥を少し欠けるのも効果があります。ただしコストがかかるのが難点です。



梅雨に入る前に1度思い切ってカビや汚れをきれいにしてしまいましょう。きれいになったら毎日のお手入れをきちんとすることで汚れのつくのを防ぐことが出来ますよ。今年は頑張ってきれいなバスルームで過ごしましょう。

maxresdefault[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)