あなたは、田舎暮らしについてどのようないイメージを待っていますか?
人が少ない、コンビニがない、生活が大変、不便と言った感じでしょうか。しかし、田舎暮らしをしたいといった若い人たちが多い事をご存知でしょうか。都心での慌ただしい生活から解放される田舎での暮らしは密かにブームとなっているのです。

各地の自治体では、人口の流失を食い止めようと、様々な移住支援策があるのです。安い家賃で家や田畑を貸したり、子供がいる家庭には補助金を出したり、仕事の斡旋も行っているようなところもあります。自治体以外ではNPOや移住支援を有料で行っている会社なども現れ、若者や家族で田舎へ移住する人たちが増えているのです。

今やブームという流れに乗り、その人たちがテレビや雑誌などのメディアや、自治体のHP等で紹介されるようになり、団塊の世代の人たちや定年退職をした人たちにとってはセカンドライフを楽しむ際の選択肢でもあり、多くの若者が新天地で生活を始めているのです。その他の世代でも、多様な価値観を持つ現代の若い世代の人たちにもそれなりに受け入れられているのだと思います。

田舎暮らしですがもちろん都内の生活と比べると不便な部分も多いと思います。しかし田舎暮らしには、わたし達が忘れてしまっている多くの事があるのです。『近所付き合い』『他人への気遣い』『人との絆』この3つがわたし達の忙しい生活の中で忘れかけている事ではないでしょうか。そんな、忘れてはいけない事を思い出させてくれるのが田舎の魅力なのかもしれません。

田舎へ移住を決めた人たちの多くは、自分の移住した田舎を活性化させたいと思うのだそうです。そう思う気持ちが、自然と人との絆を強くしているのではないでしょうか。ではそんな田舎暮らしで得られる最高の魅力をうまく紹介できるか解りませんが皆さんに分かって頂けるようにご紹介しましょう。


■スローライフな田舎での暮らし
田舎での暮らしは、不思議に時間がゆったり進んでいる感覚がします。決して時間が遅く進んでいるわけではありません。これは決して何もしていないと言う事ではなく充実した生活の中での心のゆとりから生まれる安らぎでもあります。

仕事の内容だけを見ると都会の暮らしよりも忙しいかもしれません。都会で簡単に買えるものでも、田舎では自分達で作ってしまう事もあり手間隙がかかります。しかし、それは自分で努力し恵みを手に入れた人だけが感じられる喜びではないでしょうか。その反面、自分達が自分達の力で生きていくための忙しさであり、都会の忙しさと比較すると、充実感と気持ちの良い疲労感を伴うものです。

また、近所で会う人、仕事先の人も大抵はよく見慣れた顔見知りです。世間は狭いと言いますが、田舎はもっと狭いです。住んでいる地域全体が顔見知りなんて場合もよくあり、隣に誰が住んでいるか分からないなんて言う事はまずありません。 その分、人と人との交流は活発で、都会と比べて常にどこか暖かい空気が流れています。


■豊かな自然と食べ物のおいしさ
田舎暮らしの醍醐味と言えば、見渡す限りの大自然と、その地域で取れる美味しい食べ物でしょう。そこで育つ農作物も大地と太陽の恵みをふんだんに受けた、野菜などは今までに食べた野菜とは比べ物にならない美味しさや栄養があるのです。自分で手間をかけ育て採れた野菜は、調理せずにそのまま食べても格別の美味しさがあります。

都会にあるようなオシャレなカフェやレストランを田舎にはありません。ですが自然の中にシートを引いて持ってきたおにぎりなどを広げて食べたらそこが最高のレストランに代わるのです。デザートは近くのキイチゴなどをとって食べる事も出来るかも知れません。そんな小さな喜びと感じるかも知れませんがその喜びを小さいと感じてしまっている事が、心に余裕がなくなっている証拠なのです。

近年はインターネットの発達によるオンラインショッピングなどで、何でも手に入ります。回りには何でもあります。この便利さに慣れてしまい物の価値観を忘れがちですが田舎暮らしで多くの喜びを知る方が多いのではないでしょうか。


■子育て環境
田舎での子育てには賛否ありますが教育環境は都会と大きく異なります。もちろん進学校や進学塾、受験戦争なんてものはありません。地域によっては学校の選択肢がなく、小学校、中学校、高校と12年間同じ友達と過ごす子供達も居ます。

では教育が充実していないかと言うと、そうとも言い切れません。確かに試験の点数を競うような勉強には向いていないかもしれませんが、豊かな自然と、暖かい地域の人たちに囲まれて、しっかりと生きていく術を学ぶ事ができるのです。現代の教育の中で一番欠けてしまっている部分ではないでしょうか。思いやりや、人の痛みを知ると言った道徳が多く学べる場所が田舎の教育なのかもしれません。


やはり田舎での暮らしは、わたし達にとって忘れかけている大切なものを思い出させてくれる温かい場所なのかもしれません。そんな、環境へと飛び出した若者2人が群馬県六合村で作る【高原の真珠と呼ばれる超最新ホワイトとうもろこし、白いとうもろこし「雪の妖精」】を育てているのです。超最新の名前の通り、イエロー系の品種に比べ、糖度は抜群に高く、かつ、しつこさのない爽やかでミルクのような濃厚な甘さが特徴なのです。驚く事に『生食に最適です』栽培法もとことんこだわり、標高800mのトミーファームから直接お届けいたしますので、鮮度は他とは比べ物になりません。

この様に田舎暮らしを始める若者が現在、田舎復興の期待を受けているのです。田舎での自然は豊かですが、時に厳しくもあります。豪雪地帯、台風地帯では一度自然の猛威にさらされ被害を追う事もあります。それ以外にも様々な対策をしなければなりません。もちろん道もアスファルトが敷き詰めてある走りやすい道ではなく、砂利道や山道などもあります。そんな環境に打ち勝って作られた野菜の味は誰もが求める本来の味を持ち合せているのではないでしょうか。
【高原の真珠と呼ばれる超最新ホワイトとうもろこし「雪の妖精」】http://goo.gl/xKDr3R

ppp_mushitoriamiwomottasyounen_TP_V

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)