通学時、電車やバスで移動しているときって、とっても暇ですよね。そんなときに使えるのがスマホのゲームアプリです。今回は、無課金でも十分楽しめるスマホのゲームアプリをご紹介いたします。


◆無課金でも楽しめるスマホアプリ特集

1.モンスターストライク
モンスターをはじいて敵に当てるという単純なゲームです。最大4人プレーまで楽しめるゲームです。


2.白猫プロジェクト
白猫プロジェクトは、プニコン搭載のRPGゲームとなっています。操作は携帯を指でタッチして敵を攻撃するというゲームで、モンスターストライクと似ています。キャラクターは、剣士、魔導士、ランサー、アーチャー、ウォ―リア、武闘家の6つのスタイルからガチャを回して使用するというスタイルになっています。


3.ドラゴンクエストモンスターズ
これもまた、攻撃にモンスターにタッチするだけになっています。ドラゴンクエストモンスターズのいいところは、自動的に戦闘してくれるオートマバトルがあるという部分です。携帯が触れない時間があるときに使える機能ですね。


4.ケリ姫スイーツ
兵士を敵がいる場所に蹴り飛ばして攻撃するゲームですが、面白いのはドレスを来たお姫様が蹴るという部分です。キャラクターは、スロットを回して様々な兵士がゲットできるのですが、兵士によっては攻撃の仕方が違いますので、自分スタイルで攻撃することができるでしょう。



◆スマホゲームに課金している人って月にどれだけ課金しているの?
スマホのゲームは、ほとんどが無課金でできます。しかし、課金してしまうこともあります。スマホゲームに課金している人は、月にどれくらい課金しているのでしょうか?あるサイトの結果を見て見ると、一番多い回答では、3000円前後でした。最高額は10万前後。月ですから、これはちょっと使いすぎですね・・・。



◆スマホゲームで課金する理由
スマホゲームで課金してしまう理由は、イベントやミッションをクリアしたいからというのが一番多い理由に挙げられるでしょう。例えば、もう少しでそのステージをクリアできるのに、体力がなくなってしまった。100円追加すれば体力を戻すことができて、ステージがクリアできる。こうなったときに、「100円だから」といって課金してしまうというわけですね。戦いもののゲームをやるとき、最初は無料で「プレミアム」のガチャガチャを引くことができるのがほとんどです。そして、レアキャラをゲットしてしまう。そこである程度ゲームを続けていったとき、「さらに新しいキャラが欲しい」という気持ちになって、課金してガチャを引いてしまう・・・。という現象が起きるのです。課金する場合は、ケータイの料金と合算して払うというやり方をしている人が多いかと思いますが、これはパスワードを打ち込むだけで完了できますので、どんどん課金してしまって気づいたら莫大な料金になっていることがあるので注意してください。

 

◆さいごに
課金をし過ぎてしまったあげくに自己破産したというケースも実際に起こっています。子供であれば制限がかかったりしますのでそこまではいかないかもしれませんが、子供が使っていたせいで、親御さんが破産状態に陥ったこともあり得るわけですよね。これがある程度お金に余裕がある大人だったら?誰も止めてくれませんよ?たかが「無料のスマホゲーム」かもしれません。しかし、理性はきちんと働かせながら遊ぶようにしてくださいね。

lgf01b201408122000[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)