少しの時間や、ぽっかり空いた時間、そんな時皆さんはどのようにして時間を使いますか?こういった出だしで始まると、「そんな空いた時間を、少しでも有効活用しよう!」と言うような記事と思われるかもしれませんが、今回はそんなぽっかり空いた時間に、悩める現代人の頭を少しでも休めるように、人気の携帯アプリゲームをご紹介したいと思います。「ゲームか!」と言われてしまうのを承知ですが、本当に今のアプリゲームは優秀すぎて、ゲームなんだけど大人でもはまってしまいそうになるものばかりなのです。



【暇つぶしするなら、どんなゲームアプリがお勧め?


♦育成系シミュレーションゲーム
アプリのゲームの中でも、人気の高い育成系ゲーム、その中でも最近は育成・バトルと融合されたアプリが流行っているようです。特にバトルと、育成を一緒に楽しめるのであれば、自分で作ったキャラなどを自分色に染められるので、そういった点でも愛着がわくと思います。こういった育成系ゲームは、少し、片手間にするといった感覚で出来なくなってしまう可能性があるので、はまり過ぎない事が肝心です。


□召喚・育成・バトルの三大ゲーム!サマナーズウォーは、400種類のモンスターを召喚出来る事と、それらを育成できるという楽しみを兼ね備えた、ゲームマニアなら堪らないRPGとなっています。そして3Dグラフィックで繰り広げられる戦闘シーンは、迫力満載のものです。携帯ゲームでは、本格的RPGは中々無かったのですが、このサマナーズウォーは、携帯ゲームを超える面白さとなっています。


□あれ果てた惑星に緑を増やそう!みどりのほし、このゲームはRPGとかバトル物が苦手な方にぴったりの育成ゲームで、惑星に草木を増やしていき、緑いっぱいの綺麗な惑星をふやしていくという単純かつ心温まるゲームとなっています。
こういったゲームなら、空いた時間に少しでも、といった風に使えるので、とても便利なゲームとなっています。ゲーム初心者の方でも簡単に遊ぶことの出来るので、初めての方に必見の育成ゲームとなっています。


□虹色彼女…自分好みの彼女を育成して、俺色に染めてやる!といった、男の願望丸出しの育成ゲームです。こういった、恋愛系、育成シミュレーションゲームは、男子だけではなく、最近は女子も好む人が多くなってきたのをご存知ですか?女子の場合だと、わざわざ自宅でこういった恋愛シミュレーションゲームをするといった機会は少ないと思いますが、携帯でなら簡単に操作できるので、誰にも知られることなく楽しめると思います。こちらのゲームに出てくる女子の声は、有名な声優さんを使っているので、そういった点でもマニアの方には、相当人気のゲームとなっています。



♦LINE友達と順位を決めるLINEゲーム
今は最先端の連絡ツールとして使われている、ライン!!そのLINEのゲームを活用している人は、とても多いですよね。中でもLINEのゲームは、LINE友達の中で、順位を競うことが出来るのもまた、楽しみの一つとなっています。


LINEポップ&LINEポップ2
LINEのゲームで一番人気だったのが、やはりLINEポップですよね!すっきり感と少しひやひゃさせられる感じは、とてもワクワクしてたのしいものです。


LINEバブル2
今一番新しいLINEのゲームでは、このLINEバブル2が人気のようです。シューティングゲームのような感覚で楽しめるので、ゲームが苦手な方でも簡単にはじめる事が出来ると思います。 


LINEのゲームは、この他にも沢山の種類がありますし、しかもラインのアカウントさえあれば、どんなゲームでも楽しめるので、気軽に遊べることが人気の理由のようです。



♦少し変わったゲームをお探しなら・・・・


□人気の絵本ウォーリーを探せ!がゲームに登場!!
あの人気の絵本だった、ウォーリーを探せが、携帯でも遊べるようになりました。絵本同様に、ウォーリーやその他のアイテムを制限時間内に探し出すと言った、単純なゲームですが、ウォーリーファンなら、たまらないゲームの一つです。そして、イラストも絵本と一緒のカラーテイストとなっているので、懐かしさと面白さが蘇ってくること間違いありません。


□ぷよぷよフィーバーでストレス発散!したい方なら、こちらのゲームがお勧めです!
これもまた昔のゲームですが、携帯アプリになって新しく登場してきました。これも頭を使わないで行うことが出来るので、少しの時間を持て余している時などに、丁度いいゲームとなっています。そして、ぷよぷよをそろえて消していくというだけでなく、少し頭をひねりながら、進めていく事で、最後には大きなスッキリを味わうことが出来るのも、楽しいと思います。



今では、携帯ゲームが主流になってきて、年齢問わずに楽しめるものとなってきました。もしかしたら、若者のゲーム離れが進む一方で、大人の人たちがどんどん、携帯ゲームの虜になっていってしまうような気もします。

lgf01a201308280900[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)