あなたの免疫力、下がっていませんか?風邪をひきやすかったり、病気になりやすかったり・・・それは、もしかしたら免疫力が下がっているのかも!?身近なことで、免疫力はアップできます。生活習慣を見直し、免疫力を高めて、病気知らずになりましょう!



【免疫力の働きを知ろう!】
免疫とは、病気にならないための体の防御機能です。ウイルスや細菌が体内に入ってくると、体に異物が侵入したと認識し、リンパ球のなかの免疫細胞が、これらを排除しようと行動します。免疫細胞にはたくさんの種類があり、これらが連携して働くことにより、ウイルスや細菌を撃退。この働きが活性化していることを「免疫力が高い」状態といいます。それは、病気になりにくい体であるといえるでしょう。




【免疫力が下がると・・・】

◆感染症にかかりやすくなったり・・・
免疫力が下がるということは、ウイルスなどを防御する機能が弱っているということ。すると、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。逆をいうと、風邪をひいた時は、免疫力が下がっている可能性大。免疫力アップの食材などを積極的に取り入れてみてください。

◆がんになりやすくなったり・・・
免疫力が低いと、風邪などの感染症だけでなく、がんにもなりやすくなってしまいます。免疫細胞のなかでも「NK細胞」は、ウイルス感染細胞だけでなく、がん細胞なども撃退する細胞。このNK活性が低いと、発がん率が高まるというデータもあるのです。


【NK細胞に注目!】
NK(ナチュラルキラー)細胞は、その名のとおり、生まれながらの殺し屋で、がん細胞やウイルス感染細胞を撃退する細胞。この撃退する力を「NK活性」と呼び、高ければ高いほど、感染症やがんになりにくいといえます。NK活性を高めるには、生活習慣や食生活の改善が必要です。なかでも食生活では、ビタミンCやきのこ類に含まれる多糖類、ヨーグルト等の乳酸菌を摂取するのがおすすめ。最近では、「R-1乳酸菌」が、NK細胞の活性を特に高めることが確認されています。



【おすすめの免疫力アップ食材】

◆ヨーグルト
免疫力アップには、毎日乳酸菌を摂取することが効果的だそう。手軽に毎日食べられるヨーグルトは、さまざまな乳酸菌食材のなかでも、特にGOODなアイテムです。毎日摂取することが、ポイントです!


◆納豆・キムチ
納豆やキムチなどの発酵食品も、乳酸菌がたくさん含まれているので、免疫力アップにぴったりの食材です。なかでも納豆は免疫細胞の70%が存在している腸の働きを活性化させる、世界に誇れる「腸活」優秀食材!便通もよくなって一石二鳥です。


◆きのこ
きのこ類に含まれる多糖類も、免疫力を高めるのにおすすめの成分です。なかでも「β-グルカン」は、世界の研究機関で、健康維持に役立つ機能性成分として、多くの研究が行われているそうです。女性にうれしい肌荒れ予防の効果や、血糖値を下げる効果もあるそうです。



感染症やがんを予防するためにも大切な「免疫力」。そんな免疫力を高めるには、免疫細胞を活性化させることが重要であると、わかっていただけたでしょうか?生活習慣の見直しはもちろんですが、ちょっとした食生活の工夫で活性化することができます。NK活性がダウンする3大要因は、「不規則な生活」「ストレス過多」「加齢」。しかしストレスに関しては、ほどよい緊張感とそれに勝る充実感や達成感を与えると、逆に活性化するといわれています。NK活性は、考え方や感情でも大きく変化します!NK活性をキープするには、規則正しい生活リズムを保ちながら、適度に刺激のある日々を過ごせると、ばっちりですね!



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)