風水はその人自身が生れながらに持つ「気」によっても、必要なもの、不要なものが変わってきますが、絶対にどの人も取り入れたら駄目というものも存在します。忙しいからとつい後回しにしてしまうことをはじめ、良かれと思ってやっていることも実は運気を下げる原因になっているかもしれません。今回はそのなかから、どのお家にも1つはありそうなNGインテリアを6選ご紹介します。



▲玄関に靴や傘が散乱している
家の入り口である玄関は、人や動物だけでなく、運気も「こんにちは〜」とやってくる場所です。そこが汚れていると、良い運気は少ししか入れず、悪い運気が群れをつくってやってきます。そうならないためにも、靴や傘はしっかりと収納しましょう。また玄関は常に美しく、無駄なものを置かずに広く保つように心がけましょう。天然素材の明るい色の玄関マットと観葉植物を置き、アロマで良い香りをまとわせると、素敵な運気がたくさんやってきます。



▲枯れた植物を置く
風水でいいとされる花や観葉植物。室内を明るい雰囲気にしてくれる効果もありますが、枯れた植物はNGです。また濁った水も汚れた気を生みますので、水の取り替えは毎日行いましょう。観葉植物の一部の葉が枯れてしまった場合は、その葉だけを取ってあげましょう。また完全に枯れてしまった場合は、例え愛着があったとしてもそのまま置いておくのは、植物にとっても可哀想なことです。「ありがとう」の気持ちを込めて、眠らせてあげましょう。



▲椅子やクッションの数が奇数
リビングに置かれている椅子やクッションが奇数であれば、ひとつ処分するor買い足して偶数個にしましょう。とくにリビングテーブルの椅子が奇数個というのはNGです。お子さんの元気がない、家族仲がいまいちなど、家族に関する運気が乱されやすくなります。家族の人数に関係なく椅子は偶数個置き、両側が対称になるようにしましょう。


▲冷蔵庫にチラシや予定を貼る
マグネットが貼り付けられる冷蔵庫は便利ですが、そこにチラシや予定などを貼るのはNGです。風水では冷蔵庫は大事な開運スポット。その入り口でもある冷蔵庫の表面にぺたぺたと色んなものを貼っていくと、仕事運・勉強運、そして金運を下げる原因になります。また冷蔵庫の表面だけをすっきりさせても意味はありません。きちんと冷蔵庫のなかも整理整頓しましょう。物の詰め込みすぎもNG。運気がスムーズに流れるように八分目を心がけましょう。これだけで気の巡りがだいぶ変わります。



▲室内にモデルなど人物の写真を飾る
大好きな芸能人や、憧れのモデルさんの写真やポスターを室内に飾っている方は多いと思いますが、これは自分の運気を吸い取られるのでよくありません。特に目が合ってしまうものは絶対にNG。写真の向こう側にいるアイドルなどは、その人物に関係なくとても強い気を持っています。写真はアイドルでも、その中に憑依しているのは悪の気だと思ってください。せっかく気の巡りをよくしてもその運気を取られてしまい、さらにはあなた自身からも運気を吸い取ろうとします。それにより精神的に落ち着かなくなる、萎縮してしまう、また小さいお子さんであれば集中力が欠けたり、イライラしやすくなったりします。



▲派手な柄・色のトイレカバーを使用する
暗くなりがちのトイレですが、だからといってヒョウやゼブラなどの強い柄や、目がちかちかしてしまうような派手な色のカバーを使用するのはNGです。悪い気が溜まりやすいトイレは、自然な色合いや、上品な色合いでまとめて、落ち着いた雰囲気にするのがポイント。また観葉植物をひとつ置くだけで、運気の質がぐっと良くなります。



【さいごに】
家のなかを見回すと、意外にもNGとなるインテリアや配置は存在するものです。それをひとつ改善するだけで運気の流れがスムーズになり、ご自分でも「なんだかスッキリする」という心地が味わえるかと思います。模様替えの感覚で、楽しみながら取り入れてみてください♪

modern_05[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)