自撮りが流行っていますが、自撮り好き女子に必見な情報があります。セルフィーテクニックのポイントは何だと思いますか?それは、「光」と「向き」です!!



◆セルフィーをする際に気を付けたい光と向きとは?
さあ、さっそくセルフィーをする際のテクニックをご紹介いたしましょう。ポイントは、光と向きですからね。そこを忘れないようにしてください。


①パステルカラーなどの淡く明るい色を着る
自分の肌の色を明るく見せるためには、パステルカラーの洋服を着るようにしましょう。いつもは着ない場合であっても、自撮りするときは着て撮影するようにしてください。やっぱり顔色を明るく見せることは大切ですからね。 


②膝の上に白い紙を置く
プロが撮影をするときに、必ずレフ版という反射版を置きますよね。ですが、そんな用具はありませんから、ひざの上に白い紙を置くようにしてください。髪じゃなくても、ハンカチやティッシュ、タオルなどでも代用ができます。


③窓際で撮る
暗い室内では顔色も暗くなってしまいます。ですから、窓際で撮るようにしましょう。もしできるのであれば、屋外に出て撮る方がいいですね。ただ、そうなると外で熱心に自撮りをすることになりますので、少し恥ずかしい思いをしてしまいます。


④アイメイクをしっかりする
自撮りではアイメイクを濃いめにするようにしましょう。ファンデーションを厚塗りしてしまうと、顔が浮いてしまいますので、アイメイクだけを濃くするのがポイントです。


⑤斜め上から撮る
自分の顔の斜め上にしてカメラを持ち撮影することで、自然と上目遣いになります。小顔効果にもつながりますのでオススメです。ただ、やり過ぎると二重あごになりますからやり過ぎ注意です。


⑥スキンケアをし、マッサージをしましょう
お風呂上りなどの血行が良くなっている時であればいいのですが、何もしてないときに自撮りするといけません。いつもより不細工に映ってしまいます。自撮りするときは、事前に化粧水や保湿クリームなどをつけてマッサージをして、肌を最適な状態にしてください。



◆自撮りだからこそ、できるだけ可愛く写したい
自撮りをしたとき、おそらくSNSやFacebookなどにその写真をアップすることになるかと思います。ならば、出来る限り可愛く綺麗に撮りたいですよね。先ほどご紹介した方法を駆使して、きれいに撮れるようにしましょうね。



◆イマドキ女子はセルカ棒を使う?
イマドキ女子はセルカ棒を使います。セルカ棒とは、自撮りで広い範囲を撮影したい時にスマホに付けれる長い棒のことで、自由な角度から撮影できるものです。旅行に行く時に活躍しますが、旅行にいかずともこれを使うと、多くのこたちと集合してとっても、自撮りができますから便利ですね。セルカ棒という名前以外に、「自撮り棒」と呼ばれています。自撮り棒は邪魔になることがありますので、周囲の人に迷惑をかけないようにしながら使用するようにしてください。ちなみに、ディズニーランドではセルカ棒を使用しての自撮りは禁止になりましたので注意しましょう。おそらく、自撮り棒での事故やトラブルが多発したため、禁止になったのではないでしょうか。自分本位の考えでやらないようにしてください。周囲にも気をつかって楽しく自撮りすることをオススメします。最後に、お化粧は目元だけ濃くするだけですからね!

cached[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)