節約をしようと思ったとき、恐らく光熱費をまず削ろうとすることが少なくありません。ここで見落としがちなのが、「パソコンの電気」です。他を一生懸命節約していても、パソコンの電源を入れっぱなしなどしていれば、それだけでもったいないことになるので注意してくださいね。パソコンの電気代って、けっこうかかっているんですよ。


パソコンの電気代がかかるなら、「スリープ」か「シャットダウン」したほうがいいでしょ?と思うものですよね。では、このどちらのほうが電気代が安くなるのでしょうか?

合言葉としては、「目安は90分」と覚えておくといいでしょう。

パソコンをシャットダウン/起動するときは実は大きな電力を消費しているものです。ですから、パソコンを使用していて一時的に席を離れる場合などは、シャットダウンはせずにスリープ状態にするようにしたほうが電気代は抑えられます。
マイクロソフト社の調査では、パソコンを一時的に利用しない時間が90分以内であれば、スリープ状態にしておいたほうがいいという結果が出ているそうです。パソコンで最も電力を消費するのがシャットダウンや起動をするときですから、落としたり起動したりを繰り返すくらいなら、スリープ状態を賢く使うようにしたほうがいいですね。

では、実際にパソコンの節約するときのポイントをご紹介します。


PCの電気代を節約する際にチェックすべき3つのポイントとは?】

①明度を抑える

パソコンの画面の明るさを抑えることは電気代の節約にもつながります。例えば、輝度 40% にすると、輝度 100% のときに比べて約 23% の節電になるのです。ですから、無駄に明るくしないようにしてくださいね。ノートパソコンの場合、多くはキーボードからできますし、デスクトップパソコンでもキーボードや、モニタに付いているボタンなどから明るさの調整ができます。


②ピークタイムだけ電源を抜く

電気料金のピークシフトプランを契約している場合は、ピークタイム前にノートパソコンを充電しておき、ピークタイムの間は電源を抜くようにするといいのではないでしょうか。ピークタイムの料金単価はけっこう高くなっていますから、ピークタイムに電気を使わないようにすることで、電気代を大幅に使わないようにすることができるようになるでしょう。


③こまめに通気口の掃除をする

パソコン本体の周りの風通しを良くして、パソコン内部の熱が上がりすぎないように心がけてください。パソコン周辺の空間に熱がこもってしまう状況だと、冷却ファンが効果を発揮せず、いつまでも回り続けてしまいその分の電気代を消費してしまいます。さらに、パソコンの寿命も縮んでしまいますから、壊れてしまって新しいのを買い替える必要が出てくるでしょう。こうなったら、せっかく節約しているのが無意味になってしまいますからね。


電気代を節約したいということであれば、料金プランを見直すこともオススメです。
例えば、ワット数の契約が一番見直した方がいいところかもしれませんね。そこまで電気を使わないのに契約ワット数を大きくしていれば、それだけで基本料金が高くなってしまいます。一つ下げるくらいのほうがいいかもしれません。それに、使いすぎるとブレーカーが飛ぶので、使いすぎ自体起こらなくなるのではないでしょうか。また、先ほども言いましたように、スリープ状態を上手に使っていくようにしてくださいね。





(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)