赤ちゃん、可愛いですよね。私も旦那さんが出来ればすぐにでも子供が欲しいものです。
今回は妊娠から出産までにかかる費用をざっくり計算していきましょう。

<主な出産費用>
・妊娠検査
・(妊娠発覚後の)定期健診代
・各種検査代・入院&出産費用
・マタニティグッズ費用
・ベビー用品費用
・産後検査代
・お祝い返し

調べているうちに知りましたが、妊娠って保険適用外なんですね・・・。(病気・怪我ではないため)
妊娠検査や定期検診代は全て自己負担になると思うとお財布から諭吉さんがどのくらい
飛んで行ってしまうのだろうとハラハラしますね。

ご存じの通り、妊娠した場合にはまずは検査が必要です。
主に産婦人科で超音波検査や尿検査などを行い、本当に妊娠しているのかチェックします。
ここで必要な金額は地域やクリニック・病院によって変わりますが、5,000~10,000円前後だそうです。
そして、妊娠発覚後には入院するまでに定期健診があります。
個人差はありますが10回以上通う必要があります。
小さな命はちょっとしたことで、危険が伴うためこのくらいの回数は仕方ありませんね。
妊娠検査と同じく費用が5,000~10,000円のため合計で50,000~100,000円が必要となります。

定期健診以外にも様々な検査が必要です。
任意ですが母子手帳があれば、2回分の補助券がついているため無料で受診する事が可能です。
内容によっては別途費用が必要ですが積極的に使いたいものです。

入院となるといわゆるベッド代というものが付いて回ります。
保険適用外のため公立・私立・個人病院は最低でも30万円からスタートするそうです。
中には100万円もする高級な個人病院もあるそうなので最寄の病院で金額を確認しましょう。

お腹の子がすくすく育てばお腹は大きくなるものです。
マタニティ専用の洋服や下着も必要なため、買え揃えたいですね。
また、出産後にも検査は必要です。産後検診の費用は5,000~10,000円程。

以上の金額を踏まえると約40万円以上金額を必要とします。
しかし、病院のプランやお祝い返しなどもありますので50万円は見積もっていた方が良いと思います。

ママになるあなたにとって出る物だけではとても子供を育てる事は出来ません。
日本が認めている公的補助制度もございます。
少子化が問題になっている中で国が認めている補助金なので必ず活用しましょう!

出産育児一時金
こちらは子供1人出産する事で42万円受け取る事が可能です。
この制度でほとんどの方が出産費用を抑えられますね。
しかし、国から受け取る以上申請方法もしっかりしているのでママさんやパパさんは必ずチェックする
必要がありますので気を付けてください。
他にも出産手当金や高額医療控除など出産後の補助制度がありますので
無駄なく利用して出産も家族全員仲良く暮らせるように頑張りましょう!

大人気の出産祝い!【おむつケーキ専門店 すまいる】


38
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)