キレイな家に住んでいる人は、なぜ片付けが上手なのでしょうか。

もしかしたら、片付けを念頭に置いた部屋作りが上手なのかもしれません。頭の中では、整理整頓された部屋に暮らしたいと思いながらもいつの間にか散らかってしまうのです。では片づけやすい部屋とはどんな部屋なのでしょう。それは、生活導線が大切なんです。


■生活導線とは
キッチンからダイニングやキッチンからサニタリーの様に関連した一連の動きを行う際に、部屋における人の動きを軌跡として表す線のことを言います。通常、その線の動きや量をある程度、予測しながら部屋への家具の配置を行っていくのです。住まいにおいて、この生活動線が複雑でスムーズでないと日常生活で無駄な動きが多くなり、住み心地に影響を及ぼすだけでなく無駄なスペースなども生まれ片付けしにくくなります。

ではここから、は片付けしやすい部屋の作り方をご説明しましょう。


♦無駄なものは置かない
部屋を作るにあたりましては、最低限の物しか買わないと言ったことが重要となります。部屋の物が溢れているときっちりした人でない限り整理や片付けが出来なくなります。ですので最低限のもので揃えましょう。

♦先ずは生活導線を元に小物の配置をしていきましょう。玄関から入って部屋に入りコートや小物類を置ける場所を作ります。その後は、自分スタイルでソファーやベット机や化粧台などを配置していきます。そうする事によって無駄な動きをしない生活導線に合ったものの配置になるのです。

♦片付けがしやすい部屋になっても掃除をしなければ汚くなります。無理なく掃除を続けるには配線や小物に気を付ければいいのです。目に見えるものはむき出しに置かない事が大切です。基本原則が、部屋中央にテーブルを配置し、壁側にベットや家電という配置でも掃除はスムージに行えます。テーブル以外の物は配置に沿って行えばいいのです。

部屋は、無駄な物を置かないだけで掃除や片付けはしやすくなります。掃除の習慣を身に着ける事がきれいな部屋を維持するコツと言えるでしょう。



成宮寛貴さんのCM放映中!コスモウォーター


a0003_001570_m


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)