みんな、預金はきちんとしています。なかなかできないと思っている人も多いのではないでしょうか。

現代の、若者の預金額がすごい事になっているのです。20歳から35歳までの若者5000人に調査を行った結果では、平均預金額は338万円(3年連続増)との結果がでたのだそうです。日銀で金融広報中央委員会の調査を見ても若者世代の預金率が際立っているそうです。

20代 預金率14%

30代 預金率12%

20代の平均預金金額も302万円となっていたそうです。(30代以上の預金率はこれを上回る)しかし、今の若者が贅沢をしていない状況でもないのです。しっかり占める部分は締めて、使う部分は使うと言った決して節約しすぎない若者が多いのです。このように至った経緯としましては、今の若者は不況世代末端に生まれて来た世代なので親から、節約などを徹底的に叩き込まれた世代なのです。親の背中を見て子は育つと言いますがまさしくそんな状況なのではないでしょうか。
先日も某テレビ番組で行っていた内容では様々な事を利用して節約をしているのです。ある男性では、年収400万円の青年が出ており7年で2800万円以上を溜めたと言います。その他にも様々な方法でお金を溜めこんでいるのです。果たして、この方法は良い方法なのでしょうか。


あなたは、どっち側の考えですか?


1老後のためにと、若い頃から一生懸命貯金をしている方

2貯金の必要性を感じていなく今を楽しんでいる方


とっちの人生が正しいかは解りませんが老後の蓄えが大切な事は間違いではないのではないでしょうか。


手軽な郵送で海外口座開設
定期預金をするだけで、毎月利息が受け取れます!


NKJ56_kanaamiwonigiruboy-thumb-1000xauto-15363


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)