都心に住むって勇気が必要ですよね。
家賃、間取り、お風呂、エアコン、フローリング、etc...
色々チェックしますが家賃の制限がある以上なかなか広いお部屋に住むってしずらいですよね。

今回は一人暮らしの人に見てもらいたい「部屋を広く見せる一工夫」をご紹介します。
一つでも実践してみるとお部屋の雰囲気が変わるのでおすすめですよ!

<家具は片側に集中させる>
部屋を広く見せるために壁の片側を見せることで部屋を広く見せる効果があります。

<奥ゆきのない家具で統一>
スペースをとらない横や縦に細長い家具を配置する事をお勧めします。
実際に見ると分かりますが、奥ゆきのある家具を置くと
視界に圧迫感が生まれるため、部屋を狭く感じることがあります。

<バルコニーは出来るだけ見えるように>
窓の片方ってあまり使わないことが多いので物をいたり家具などを置く方がいます。
外の景色を遮ると空間を狭く感じさせるので出来るだけバルコニーに続く窓は
物などを置かないようにしましょう。

<壁の色と合せる>
家具などのインテリアアイテムは出来るだけ壁の色と合せる事で
存在感を薄くさせて広い部屋を演出する事が可能です。

<壁の色はズバリ白>
膨張色である白の壁はそれだけで部屋を広く見せる工夫が施されています。

<備付のライトより間接照明>
部屋全体を明るくするよりも間接照明をつける事で奥ゆきを演出する事が出来ます。

<天井が高いなら明るく>
一概に言えませんが天井が高いと部屋全体を明るくする事で広く感じることがあるそうです。
お部屋の高さをチェックしてみてください。

お部屋の間取りや天井の高さによって工夫出来ることはたくさんあります。
ご紹介したもので実際出来る工夫をしてより自宅でゆっくり出来る空間を作ってみてはいかがでしょうか。

【インテリアなら】プリザーブドフラワー専門店 AUBE

癒し系の雑貨屋さん KINTO ONLINE SHOP


540

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)