美容室に行きたいけれどお金がない!そんなとき、無料でプロの美容師さんに髪をカットしてもらえるのがカットモデルのシステムです。

美容師さんは、新米のうちはカットの数をこなして腕を上げる必要があります。カットモデルにはタダで髪を切ってもらえるのが、美容師さんには練習モデルが出来るのが、双方のメリットです。


【無料にしてもカットモデルがほしい新米美容師】

美容師のような職人仕事は、とにかく腕を上げることが肝心。誰だって、腕のいい美容師さんに担当してもらいたいですよね。カットに満足してもらい、また指名してもらうにはカット技術を向上させることが不可欠です。
ただし、美容室での新米美容師さんの仕事といえば、シャンプーやドライヤー、パーマやヘアカラーの準備や後片付け、掃除などが中心。正規のお客さんに未熟な技術を披露するわけにもいかないので、カットモデルを探す必要があるのです。だからこそ、このシステムを利用してタダで髪をカットしてもらわない手はありません。

■街頭での声かけや美容室での募集

街を歩いていて、「美容師をしているのですが…」と声をかけられたことがありませんか?ほとんどの場合、これは新人美容師さんのカットモデル探しです。カットモデルをしてみたいと思っているなら、誘いに乗ってみるのもいいでしょう。
街頭での声かけ以外にも、美容室に張り紙がしてあったりWEBで募集していることもあります。こちらのほうが気に入った美容室を選んでカットモデルになりやすいので、いいかもしれませんね。
新人を積極的に採用している大きな美容室なら、大概いつでもカットモデルを募集しています。美容室の公式ホームページをチェックして、カットモデルを募集していたら応募してみてはいかがでしょうか。

■カットモデルの利用時間

カットモデルとして美容室を利用するときには、時間に制限があることが多いもの。というのも、新人の美容師さんが練習できるのはお店がクローズしてからが基本だからです。
美容室は遅くまで営業していることも多いので、夜遅い時間でも構わないという人に向いています。


【カットモデルに応募するときの注意】

カットモデルは、美容師さんにとってもお願いしてなってもらうもの。ですから基本は無料のケースが多いのですが、最近では事情が厳しくなってきたのか有料のケースも出てきています。
ただ、有料の場合は、一応スタイリストとしてデビューしている美容師さんが担当してくれることがほとんど。また、パーマやカラーに対応してくれる場合もあり、その場合は材料費が実費での支払いとなることが多いのです。髪はカットしてしまうとすぐには元に戻りませんし、お金のトラブルは後々面倒なことになりがち。あらかじめしっかり相談した上で、カットモデルになるようにしましょう。


美容室に行くお金が足りないとき、新しい美容室を探しているときにも、カットモデルの活用は便利です。毎回カットモデルをしていい感じにヘアスタイルを決めている女子もいますから、一度体験してみてはいかがでしょうか。

 
【全国サロン愛用!】洗い流さない髪のトリートメント




(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)