まもなくやって来る9月1日の防災の日ですが地震や災害への備えは十分ですか?

防災の日は、私たちが再度防災意識を再認識する日でもあるのです。大正12年の9月1日に起こった関東を中心に震度7の地震が起こり尊い命が奪われました。これを教訓として政府・地方公共団体はもとより,広く国民が,台風・豪雨・洪水・地震・津波などの災害についての認識を深めるとともに,こうした災害に対する備えを充実強化することにより,災害に未然防止と被害軽減に役立つための目的で制定されたのです。では、私たちにも経験深い防災ですがそんな時に備えておきたい防災グッツや予め購入しておいた方が良いものなどをお伝えしましょう。


災害時にあると安心!備えておきたい防災グッズTOP5


1位:電池
懐中電灯やラジオに携帯の充電にと、さまざまのものに使えるのモノの為、必ずと言ってよいほど必要アイテムです。

2位:懐中電灯
突然の暗闇は誰もが冷静さを失います。また、夜などは、足元や回りが暗くなります電気が止まった時の備えに重要です。

3位:下着類
下着がサイズがあるため自分に合ったサイズを用意しておくことが大切です。

4位:簡易式ガスコンロ
カップ麺と水を常備し食事用品としてとても便利に使えます。なた、暖をとる事が出来るので一つで二役なのです。

5位:ろうそく
定番のアイテムろうそくは、火をともすと明るくなり安心感が生まれます。また、減り具合が解るので突然暗くなって不安になる事がありません。
安全な場所でご使用ください。

【アウトドア雑貨】ジェネラルストア「BLACK BRICK」(ブラックブリック)
被災地の方の声として多くの声がよせられたようです。やはり、災害時最も必要とされるものは生活用具が多いように感じます。上位にランクインせれている商品などは、普段はどこにでもある商品です。100円ショップなどでも気軽に買えます。その他にも、ろうそくや簡易式ガスコンロはお店によっては多く在庫を持ち合せていない場合があるので注意しましょう。

防災時なくて困った商品に関しましては、様々なものが店頭から消えました。店頭から消えて最も困ったものはトイレットペーパーや食料だったのではないでしょうか。カップラーメンなどを台所に置いておいてもいざ食べるにもガスが付かないと不便な思いをした方も多かったのではないでしょうか。では、国が定める電気やガス、水道などのライフラインが止まった場合に備えて、普段から飲料水や非常食などを備蓄していくことが大切です。


♦食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)

飲料水:3日分(1人1日3リットルが目安)
非常食:3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
生活用品:トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ 電池、ラジオなど
※ 非常に広い地域に甚大な被害が及ぶ可能性のある南海トラフ巨大地震では、「1週間分以上」の備蓄が望ましいとの指摘もあります。
※ 飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活用水も必要です。日頃から、水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつも張っておく、などの備えをしておきましょう。毎日、少しずつでも準備していくのが大切です。





a1180_000797_m


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)