人とのコミュニケーションの中で重要なのが話術。中にはきちんと伝えているつもりでも相手に話の内容がうまく伝わっていなかったり、「何を言っているのか分からない」「説明下手」と言われてしまう話下手な方もいるでしょう。そんな人でも相手に分かりやすく話を伝えられる方法をご紹介します。


【相手に話が伝わらない人の特徴】

相手上手に話を伝えるのは人との関係を築く上でとても大切なスキルです。友達との付き合いはもちろんですが、社会人になったときに仕事でも役立ちます。そのため、話を伝えるのが上手な人の方がさまざまなことを円滑に運ぶことができるのです。話が下手な人といえば、口数の少ない人や人と関わるのが苦手な人に多いイメージもありますが、中には口数が多い人であっても伝えるのが上手ではない人もいます。では、そんな人の特徴についてを紹介していきましょう。


■相手の立場を考えながら話が出来ていない
自分が相手に伝えたいと思った話をする時には、相手のことも考えながら話していくことがとても大切です。自分が知っている言葉や知識を相手が知っているとは限りません。そのため相手に伝わりやすく話そうと意識せずに自分本位で話を伝えてしまうと相手に上手く伝わらないということがあります。

■話の内容がまとまっていない
人に話を伝える時には、伝えたいことやその話の内容がある程度まとまっていた方が相手により伝わりやすくなります。自分の中で話の要点がまとまっていないと、相手側は伝えたいことが何なのかを理解することが出来ずに話が伝わらないということもあるでしょう。

■相手の反応を見ながら話が出来ない
話を相手に伝えている時は話を伝えながら相手の反応を見るということも必要です。話をしている時に相手にイマイチ伝わっていないまま話を続ければ相手側に伝えたいことを伝えることはできません。相手の反応を見ながらより分かりやすいように言い換えてみたり、注意をしながら相手に話を伝えようという姿勢もとても重要です。


【相手に伝わりやすい話し方】

相手に話を上手に伝えるにはポイントがいくつかあります。それを意識して相手に伝えることによって相手に伝えたい内容を的確につたえることができます。

出来るだけ話はシンプルに、伝えたい話の内容をまとめておきましょう。また、相手が知らない可能性のある専門用語などを使用しながら話すのを避け、誰にでも伝わりやすい言葉をチョイスしながら伝えるように意識しましょう。
そして、話すときに感情を込め過ぎないように注意することも重要です。話す側の感情が入りすぎて主観のみの話になってしまわないように落ち着いて相手に伝えることを意識しましょう。


いかがだったでしょうか。相手に分かりやすく話を伝えるにはいかに相手のことを考えながら話すかというのがとても大切なのです。

相手に伝わりやすい言葉を選んで話す事や、話を伝えたい相手を置き去りにして自分のペースで話さないように意識して話すようにしましょう。今まで相手に上手く話を伝えることが出来なかったという人は、今まで相手にどのように話をしていたのかを思い出し、自分の会話の問題点をしっかりと把握しましょう。その上で問題点を改善することによって相手に上手に話を伝えられるようになるでしょう。

コミュニケーションが上手くできない方へ





(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)