大好きな彼とずっと一緒にいたい……。

それは恋する乙女なら、だれもが願うことです。

しかし男女の感じ方には温度差があります。
女性からしてみれば良かれと思ってしたことや、甘えたつもりでしたことが、男性をドン引きさせことにも。
「この子とはもう付き合っていけない」と思わせる原因になります。

今回は、彼とずっと一緒にいたいならいますぐに見直したい“明日にでも振られるかもしれない女子のNG行動”をご紹介します。


◆束縛が激しい

大好きな彼を他の女性に取られたくなくてしてしまう“束縛”
ほんの少しなら「俺って愛されているんだな〜」と彼を胸キュンさせられますが、過度な束縛は男性を離れさせる原因になります。

「仕事が終わったら必ず連絡してね」と彼の行動を逐一把握しなければ気が済まなかったり、携帯に入っている女性の番号をすべて消したり、友達と飲みに行くときは「証拠写真と時間が刻印されたレシートを持って帰ってきて」と強制したり。
男性側からしたら、息がつまると同時に「俺ってなんで信用されてないの?」と日々の監視にグッタリ。
癒されるはずの恋愛で疲れてしまいます。
そんなときに「最近元気ないですね」なんて彼に近付いてくる女性がいたら、浮気どころかコロッと乗り換えられてしまいます。

男性はある程度野放しにするくらいが丁度いいものです。
「飲みに行ってくるから」と言われたら、「どこに? だれと?」と問い詰めるよりも、「楽しんでおいで〜。あ、でも二日酔いになっちゃうから飲みすぎないようにね」と笑顔で送り出した方が、格段に彼の心を射止められます。


◆感謝をせずに、文句ばっかり

出会った頃は、彼になにかをしてもらうごとに「ありがとう♡」と口癖にように言っていたのに、二人の関係が落ち着いたものになると、女性の口から出るのは文句ばかり。
彼がお菓子を買ってきてくれても「わたしはあっちのヤツが食べたかったのに」と好意を無下にすることを言う。
彼が計画したデートプランも楽しむどころかあくびばっかり、さらには「人が多い」「暑い」「足が痛い」と文句ざんまい。
「ありがとう」なんてもう何ヶ月も言っていない……。

“感謝もせずに文句ばかり“意外にも女性は無意識だったり、甘えているような気持ちで言っていたりと、彼氏を愛しているパターンがほとんどですが、男性側は傷ついたり不愉快な思いをしたりしているもの。
もちろんそんな彼女とは付き合っていけません。
「ごめん……。話があるんだ……」なんて重く言われる前に、いまからでも彼の日々の行動に感謝をするクセをつけていきましょう。


◆女性らしさがなくなってきた

“感謝もせずに、文句ばかり言う”と同様に、月日が経つと心の面でも礼儀がなくなるだけでなく、見た目や行動の面でも彼に対して気を使わなくなります。
出会った頃はデートのファッションやメイクを決めるのに何日もかかっていたのに、いまでは女子会の方が気合いを入れていく始末。
彼の前でも、平気で足を広げて座ったり、スウェット姿でウロチョロしたり、テレビを観たまま寝転がってお菓子をボリボリ「ぎゃははは!」と一人で大爆笑。
女性側からしたら、へんに演じた“可愛いわたし”ではなく、“素の自分”を見せて心を開いた気持ちになりますが、残念ながらそんな姿は男性からしたら“女性らしさ”を感じられず、「ないわ……」と引かれる原因に。
この女性にはときめかない……そう思われた瞬間に終わるのが恋愛です。

本当に彼を愛しているなら、“女性らしさを演じる努力は必要”ということを念頭に置いておきましょう。


恋愛というのは必ずしも100%のありのままの自分で接すればいいというものではありません。
我慢するところは我慢する、引くところは引く、「なんじゃそりゃ」と思っても男性を持ち上げる!
そして女性らしさや可愛さを保つようにする。もちろん納得のいかないことは、しっかりと話し合う。
愛する人と良好な関係でいるためには、言いたいことばかり、したいことばかりしていてはNGです。

自分と同様に大好きな彼も大切にして、彼の目をいつまでもハートにさせておきましょう♪



アフターフォローも万全!【電話占いのULana(ウラナ)】


PAK86_naitemoyurusane-zo20140321-thumb-815xauto-17244

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)