結婚式に招待されたり、格式のあるレストランに食事に行った時…

食べ方やナイフ、フォーク、お箸の持ち方を見るだけでその人の育ちが分かってしまう…といってもいいくらい。

綺麗な食事の仕方は大切なことではないでしょうか。

一緒に食事をしている相手が汚い、がさつな食べ方をしていたら男女問わずあまり気持ちがいいものではありませんよね。
もちろん自分自身、食事のときのマナーには気をつけたいものです。

今回は詳しい食事の作法、というよりは身につけておきたい「洋食の基本的なマナー」を紹介していきます。


・椅子に座るタイミング

きちんとしたレストランではウェイターが椅子を引いてくれますね。そうしたら左側からゆっくりと椅子に座りましょう。
軽く会釈をすることも忘れずに!

・荷物はどうしたらいい?

バッグは椅子と背中の間か、もしくはひざの上に置きます。

・ナプキンはいつ広げるもの?

飲み物や最初の料理がきたら2つ折りにしたナプキンを膝に広げて置きましょう。
その時、折ったナプキンの「わ」が手前にくるようにします。
汚れた手や口はナプキンで拭きます。

汚れた部分が見えないように2つ折りにした内側で拭きましょう。

・ナイフ、フォークの使い方

ナイフやフォーク、スプーンは外側から順に使っていきます。スープ用のスプーンはいちばん右にあることが多いです。
また、ナイフとフォークを持つときはひじを張らないように気をつけましょう。
隣の人がいる場合、ひじが当たらないように特に気を付けましょう。
左手のフォークで食べにくいときは右手に持ち替えても構いません。また、左ききの場合はナイフとフォークを持ち替えても構いません。

・途中でナイフなどを置くときはどうしたらいい?

お皿の上に「ハの字」になるようにナイフとフォークを置いておきます。
ナイフの刃は内側に、フォークは背を上に。そうしておくとまだ食事の途中だということが分かりますのでお店の人にお皿をさげられることはありません。

またカトラリーを落としてしまった場合、お店の人に言いましょう。自分では拾いません。
新しいものと取り換えてくれます。グラスを倒したりしてしまった時もお店の人にお任せしましょう。対応してくれます。

・食べ終わったら?

柄の端がお皿の右斜め下にくるように揃えてナイフとフォークを置きます。
その時ナイフは刃を内側に、フォークは背を下にして揃えます。
これは日本式だそうで、英国式はお皿の真下に揃え、また米国では真横なのだそう。置き方にもいろいろあるのですね。

・席を立つときナプキンは?

食事の途中で席を立つときは座る場所に置いたり、また椅子の背に置いても構いません。
お手洗いは料理と料理の間にさりげなく行くようにしましょう。

食べ終わったらナプキンは、欧米ではくしゃくしゃにしてナプキンを置くようですが、日本ではあまり見苦しくないように軽くまとめたりしてテーブルの上にそっと置いて帰ります。
きちんとたたんでしまうと失礼にあたります。


いかがでしたか?基本的なマナーはマスターしていただけたでしょうか。
お箸、フォークやナイフが美しく使えないととても見苦しいものです。
またそれに気をとられて、会話やその場の雰囲気を楽しむことが出来なかったら残念ですよね。
パーティなどではその場の交流を大切にしたいものです。

また、相手に不快な思いをさせないようにマナーを身につけておきたいですね。
これも大人の女性の教養の1つなのではないでしょうか。

美しいカトラリーの使い方やマナーを知っておけば、余裕をもって食事を楽しむことが出来ますね!
詳しいお料理のいただき方やマナーについては、また次回紹介していきたいと思います。






N811_ginnofork-thumb-815xauto-14642

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)