これだけ広い世界で、沢山の男女が共存し合っていきているのに、出会う相手は決まっている・・・そう感じたことはありませんか?

そして、それらを私達は『運命』という、なんとも美しくも儚く、現実的ではなく夢見がちな言葉でまとめてしまうのです。

運命なんてない!というような、頭っから否定をしている人も居れば、簡単になんでも運命にこじつけてしまうような人も居ます。

どちらが正しいか、間違っているかなんて、その人の主観の問題でいくら運命的な出会いであっても『偶然』で終わらすこともできるのです。

そして、その偶然と思っていることが、運命を信じている夢見がちガールズたちは、『必然』だと思うのでしょう。

今回は、運命が確かにあるとか、ないとか、そういった類のお話ではなく、「え?そんな些細な事でも運命を感じちゃっているの?」と思ってしまう、何とも可愛いい女子のお話をしていきたいと思います。


【女子が感じる些細だけど、重要視してしまう運命ポイント】

もしかしたら、男子からすると「え?女子ってこんなことで運命感じちゃってるんだ…」と思われてしまうかもしれませんが、男子と女子の割合で、運命論を信じているのは確実に女子の方が多いです。

中には、とっても現実的なクール女子もいますが、そこはまぁ置いておいて下さい。

♦好きな音楽が一緒、好きな映画が一緒

これは、生まれ持った感性や、日々の環境で培った感性で感じるものですので、これを運命と言わずしてなんという!!というのが筆者の考えですが、皆さんはいかがでしょう?

「あ~わかるわぁ」と思って頂けたら幸いですが・・・

なにせ、感性というのは、10人いれば10通りのものがあるのですから、こういった雰囲気のものが好きと言うような大きく分けてのお話ではなく、「好きな音楽って何?」「私はロックが好きだから、アジカンとか聞くよ~」「え?俺も俺もなんだけど!」と言われて、はい!運命確定!といったところです。

感覚や感性のズレが、また楽しいという人も居ますが、同じものを見て、同じものを楽しむことが出来るのは素晴らしいことですよね。

反対に、全く違うからこそ、新しい感性に気づけるんじゃないの?という意見ももっともですが、運命に必要な要素は「自分と同じ」という部分で締めくくられているのです。

♦嫌な事、苦手なことが一緒

人混みが苦手・・・電車が苦手・・・うるさい所が苦手・・・人には苦手な所、自分がされて嫌な事というのがあります。

それが、同じだった場合、お付き合いは断然楽になってくると思いませんか?
もしもそれらが正反対に出来ていたら、「ごめん、私それ苦手なんだよ・・・」といっても「俺は好きだから・・・」なんて、どちらかが我慢を強いられることになってしまいます。

そんなこと、今回は自分が譲って、次回は相手に譲ってもらう。
持ちつ持たれつでいいんじゃない?と思う部分でもありますが、お付き合いが長くなった時に、些細ではありますがズレというのは生じてくるのです。

「ここは、彼女とはいけないから、友達と・・・」とか、一緒に楽しめることが、始めから抜粋されていってしまうようになる可能性が高いのです。

だからと言って相手に合わせてばかりいると、自分自身が窮屈になってきてしまいますからね。

♦他人から顔が似ていると言われる

運命の人とは、顔が似ている・・・というお話の通り、夫婦になる二人は雰囲気や顔が似ているとよく言います。
その名の通り、それが出会った時に、「なんか二人って似てない?」なんて言われた日には、意識してしまって仕方がなくなってしまいます。

♦誕生日が近い、血液型が一緒

誕生日が近いってことは星座が一緒・・・?
血液型が一緒ってことは、性格が一緒・・・・?

そうですよ、彼があなたの運命の人だから、誕生日を近くしたし、血液型も一緒にしたんですよ。と聞こえるかのような神様の声。
そして、A型とO型って相性いいらしいよ!私と彼がそうだ・・・運命かも・・・。
というように、こじつけ感満載なお話ですが、血液型とか誕生日とか誰が見てもわかるような部分でも運命を感じたいという思いが、女子には感じられます。


【こんな些細な事で運命を感じちゃう、可愛い女子の本当の所】

こんな些細な、悪い言い方をすれば、偶然とも言えないような出来事が、これほど女子の心に募っていく。
きっと、好きという気持だけではなく目に見えない、大きな力が自分たちの後押しをしていると思いたいのだと筆者は感じました。

そう考えることで、この恋愛に特別感を持たすことが出来て、彼と私は、こうなる運命だったのだと、自分自身でも思いたいのでしょう。

なんとも、可愛くて、おバカさんチックな夢見る女子の発想ですが、彼の何気ない部分を特別だと思っている、女子のこと、簡単な女なんかで片づけないで下さいね。

恋愛に夢を見ることが出来なくなったら、それはもう戻る事のない心のオアシスを失くしたも同然なのですから!





150912495672-thumb-815xauto-19281

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)