もうすぐハロウィンですね。いつの間にか日本でも「トリックオアトリート」という言葉とともに10月31日のハロウィンが定着してしまいました。ハロウィンパーティーといっても何をしたらいいの?という声が聞こえてきそうですが、実は子どもがいるとかわいい衣装を着た記念に残る写真を残すことができます。ぜひ、今からしっかりと準備をして楽しいハロウィンパーティーを企画してみてください。

<ハロウィンといえばやっぱり仮装>

ハロウィンといって真っ先に思いつくのはやっぱりかわいい仮装ですよね。今はネットでも小さなベビーから小学生のサイズまでたくさんのコスチュームが出ています。ハーフバースデーや1歳2歳の記念でフォトスタジオでのコスチューム撮影をする人も増えてきていますよね。ハロウィンでは自分の、子どもの好きなキャラクターのコスチュームで参加することができます。ベビーの頃は親が好きなキャラクターを選ぶことができますし、黒とオレンジで王道のハロウィンコスチュームを着ることもできます。また、3歳を過ぎてくると自分の好きなキャラクター、今人気のキャラクターなどのリクエストがあり、そのコスチュームを探すのも、また楽しいですよね。さらに、お友達とお揃いにしたり、親子で同じキャラクターに仮装したりと、とっても楽しめます。今は100円ショップでもハロウィンシーズンになるとたくさんのコスチュームがそろっていますので、気軽に始めてみたい人にもおすすめです。そんなかわいい仮装はぜひ写真に残したい!ということで、お友達とパーティーをする場合はぜひフォトブースを作ってみてください。フォトブースと聞くととても難しく感じますが、実はとっても簡単です。壁にオレンジや黒などのハロウィンカラーの布を貼り、100円ショップで売っている同色のハロウィングッズを置くだけで出来上がりです。ちょっとした小物でハロウィン感が高まるのでぜひ試してみてください。

<パーティーフードもハロウィンで素敵に>

お友達とのパーティーでも、家族だけのパーティーでも、せっかくだからフードもハロウィンにこだわりたいですよね。難しいメニューはできなくても、何か1品だけハロウィンにこだわってみませんか。たとえば、アイシングクッキー。難しく感じますが、クッキーさえ焼いておけば子どもと一緒にデコレーションできます。おばけや魔女の帽子、おばけかぼちゃなど、ハロウィンは絵に描きやすいイベントなのでアイシングクッキーはおすすめです。また、ハロウィンといえばかぼちゃ。ジャックオランタンを作ってみたいところですが、丸ごと大きなかぼちゃを買ってくるのが難しい場合はパンプキンパイでも十分です。冷凍のパイシートをジャックオランタンの形に抜いて間にかぼちゃを柔らかくしてから潰して生クリームと蜂蜜で作ったペーストを挟みオーブンで焼きます。これだけでも十分ハロウィン感がぐっと増します。かぼちゃ、男の子は甘いものが好きではない子も多いですよね。そんなボーイズには家でも簡単に白いおにぎりを丸いボールの形にして、海苔でおばけの顔を張り付ければこれまたハロウィン風おにぎりの出来上がりです。わざわざ買物に行かなくても家にあるもので簡単にできそうですね。

<内気な子にはぴったりなハロウィン>

ハロウィンといえばやっぱり「トリックオアトリート」。(Trick or Treat)お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ、という意味ですが、実はこれ内気な子にはとってもいい「チャレンジ」なんです。子どもには元気な子、積極的な子ばかりではないですよね。受け身が多かったり、なかなか自分の思っていることをその瞬間に口に出すことが難しかったり、人見知りが激しかったりと…それが親にとっては悩みにもなります。でもハロウィン当日はいつもと違うコスチュームです。憧れのヒーローやヒロインになりきって、いつもは声も小さい子がお友達のママに向かって「トリックオアトリート!」と叫ぶこともできます。もちろん最初は少しお手伝いが必要かもしれませんが、「これを言わないとお菓子もらえないのよ」と、この言葉を逆手に取ることで、元気に言えるようになった!」と子どもに自信をつけることができます。ぜひ日頃そんな悩みを抱えているママこそ、ハロウィンパーティーを企画してみてください。

ハロウィンパーティー、参加してみたくなりましたか?去年はこのキャラクターになったから今年はこれ、と年を重ねるごとにどんどんハロウィンにはまっていくはずです。そもそもはこのハロウィン、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すという宗教的な意味を持っていましたが、日本では少し変化してしまいました。それでも、おいしいかぼちゃやおいしいごはんに感謝しながらハロウィンパーティーを楽しんでみてください。
 

 

3177fb4c5be28120610c549b9798e217_s
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)