エッセイも5回目となりました。前回は夏休みについて書いてみましたが、今回もまだ夏のお話です。

それにしても、子どもの成長は1ヶ月でこんなに違うものかと驚きの連続。大人と比べてしまうから仕方ありませんが、モリモリご飯を食べている姿を見ては、「ついこの間まで赤ちゃんだったのに」とぼんやり思ったり。
まだまだ完全にではありませんが、人見知りもちょっとだけ落ち着いたようで。これもまた成長かなと。


【1歳9ヶ月】

筆者の娘、ぽこも1歳9ヶ月になりました。今回のテーマは遊びです。
待機児童のため、託児所でお世話になっていることは以前エッセイでも書きましたが、保育園等へ預けていると平日の昼間はどんなことをしているのかなと気になりますよね。
筆者の場合はお迎え時に先生から、「こんなことがありました」と結構詳しい説明がありまして、「避難訓練でヘルメットを怖がっていた」とか「泣いているのでベビーカーに乗せて避難した」等、ちょっとした話でも、行動が予想出来たり、それとは反対に新たな一面を発見出来たりと毎日の楽しみになっています。先生の観察は鋭く、さすがプロですね。

【おままごと大好き】

昨年、友人から「おままごとセット」をいただきました。食材が木で出来ていて、切り目の部分にマジックテープがついているもの。付属の包丁でサクッと切る音と感触が面白く、大人でも楽しめます。
1歳の誕生日プレゼントにはまだ早いかなと箱に入れたままでしたが、託児所の先生によると、毎日おままごとで遊んでいるとのこと。

確かに「おままごと始めるよー」とたまに部屋から聞こえるので気にはなっていたのです。「実はまだ箱から出してなくて」なんて話をしてみたら、ぶどうのおもちゃを持ちながら食べるマネをしているそうで。
本物も食べたことないのにビックリしました。託児所は少し大きな子も一緒にいるせいか、色々な遊びをしているのかもしれませんね。「今日にでも遊ばせて!」と先生に言われ、早速おままごとセットを出してみました。

遊んでいる姿を見ていないため、どうせ投げて終わりじゃないのかなと思っていたら、パンのおもちゃを包丁でサクサクと切って「カシカシカシ」と言いながら食べるマネ。1つは筆者に分けてくれました。
まさかこんなにおままごとが上手だとは。もっと早く出してあげれば良かったなと反省。おままごとは女の子の遊びというイメージがあった筆者ですが、男の子も一緒に遊ぶそうで。
性別関係なしに楽しめるおもちゃのようですね。ちょっとビックリしたのは、託児所に電子レンジのおもちゃもあって、

1.お皿に食材を乗せてレンジに入れる
2.ボタンを押す
3.少し待つ
4.お皿を取り出す
5.先生の前へ並べる

この流れをぽこがやっているそう。「ちょっと待つところとか、おうちでやっているのを見ているんでしょうね」と先生に言われ、ハッとしました。誰も教えていないのに、筆者の行動そっくりなのが恐ろしい。
他にも腰に手を当てたり、自分で気づいていない癖をマネされていることもあって、色々と気をつけようと思います…。

【乾杯大好き】

どこで覚えたのかコップを持つと自分のマグをカチンと合わせ、「カンパーイ」と言うぽこ。
先生も教えてはいないそうですが、家でも言った記憶はなく、おままごとで覚えてきたのか謎は深まるばかり。誰かがコップを持つと、どうしてもカチンとやりたくなるようで、しかもエンドレス。それほど単語が話せるわけでもないのに、「カンパーイ」はハッキリ言います。まだまだこのブームは続きそうですが、乾杯したいタイミングでマグが手元にないと慌てる姿も面白いので、しばらく一緒に「カンパーイ」を楽しみたいと思います。そんな1歳9ヵ月。




201509W091:内田みどり(内田みどり)
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)