外国人ママが、日本で子育てをするのは難しい・・・と思われていることを日本人は知っているのでしょうか。
海外から見て、日本はとても親切な国だと言われる ことが多いと思いますが、子育てに関しては全くの正反対なのです。

調査の結果によると、海外で子供を育てた 経験のある親は、外出先や移動時、周りの人の親切な行動は当たり前という社会だといいます。当たり前だというと少し言い方に語弊があると思いますが、日本と海外の子育て環境を比較した場合、大きな違いは子連れや妊婦に対する社会の考え方が暖かいということなのです。

日本人は外国人に対し親切だと冒頭にも書きましたが、子育て環境においては海外よりも日本の方がシビアな目を持っているようです。海外在住ママたちは、子育てが楽しい!と思って子供と幸せな日々を過ごしている人が多いですが、日本は育児ノイローゼや、子育てに関するお悩み相談室などの普及が増えていく中、生活するにあたって周りの目が暖かくないという問題に突き当たります。

日本と海外の子育ての違いを分かりやすく説明すると、ベビーカーに関するルールです。
日本では電車など公共の乗り物に対し、ベビーカーは折りたたむことを求めるといった風潮ですが、海外ではベビーカーをバスに乗せようとすると、自然と周りの人たちがベビーカーを持ち上げてくれるなど妊婦やママに対して、親切にすることがすでにできるのです。

ですが日本では、電車などで子供が泣いてしまったとき、冷たい目を母親に向けるとか、早く泣き止ませてばかりに小言を言うなど、助け合い精神が見られることは少ないです。そして都内となると、満員電車というのは付き物でベビーカーはたたむべき!ベビーカーを広げたままでいると非常識!という考えが定着しているように感じます。
確かに、周りの 人からするとベビーカーは幅を取るし邪魔な存在かもしれません。ですがベビーカーを電車やバスなど公共の乗り物に乗せることは赤ちゃんを持つ親の権利として認められている事なので、母親が肩身の狭い思いをするというのは間違っていると思います。

日本人の母親は、申し訳ないと言わんばかりの顔で、子供だきベビーカーの場所を確保し、そして最終的にはあまり電車に乗るものじゃないと感じるのでしょう。この時もっと周りの人たちがその母親に対し、温かい目を向けることができたのであれば日本は少子化に進むことはなかったのではないでしょうか。

こんなささいなことが少子化問題につなげると少し大げさと言われるかもしれませんが、これから子供をもとうという女の人に、社会がこういった目を向けていると子供をもちたいという考えが乏しくなってくるのには仕方ないことなのかもしれません。

そして日本でも問題視されている、育児ノイローゼは、本来あってはならない病気なのです。
大好きな人との子供を自分の手で育てられるという喜びを、全面に感じながら生きていくべき時間なのに、母親は心が疲労し、誰にも助けてもらえないのではないかと嘆き、苛立ちは子供に向けらる可能性もでてきてしまうのです。

育児ノイローゼは、母親のせいなのでしょうか?それとも、見て見ぬ振りをする周りのせいなのでしょうか?
どちらとも正解ではないですよね。現に育児ノイローゼになることなく、子育てを全うした人たちは山のようにいるのですから。

海外ママが日本は育児がしにくい国だというだけあり、やはり子供をもつ母親にしたら社会は冷たく感じるのかもしれません。日本は子供連れだからと、病院の待ち時間が短くなったり、何に対しても優先にしてくれるといった特別待遇ありません。
ですが、海外ではそうすることが当たり前で子供と母親で2人の人間ではなく、子供と母親はセットであり特別なのです。そういったお話を聞くだけでも、みんなが優しいんだ…と感じますよね。

女なら、子供を生む生き物、だから病気じゃないし当たり前という日本と、母親という立場で周りが暖かく見守ってくれる海外。
この違いは大きく、子育てが困難だと感じる母親は、確実に日本のほうが多いでしょう。




lgf01a201405200300
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)