“結婚”というのは、女子の永遠の憧れ。

しかし、いくら待っても彼からはプロポーズされなかったり、結婚を意識してくれる男性に出会えなかったり……。
もしかしたら結婚ができないのは、自分に問題があるのかもしれません。不規則なだらしない生活をしていたり、年齢にそぐわない恰好をしていたりすれば、いくら好きでも男性は“結婚”という一つの家庭を築きあげる一大決心に踏み切れないもの。

男子が「この子と結婚しよう」と意識するのは、やはり彼女の何気ない家庭的な一面を見たときに一番思うものです。
今回は、男子が「家庭的な子だな〜」と思う女子の行動をご紹介します。家庭的な子だと思われることは、結婚への近道です♡


体調が悪いときに気遣ってくれる

男子が体調を悪くしたときに「大丈夫?」と連絡を入れてあげる、家にお粥を作りにいってあげる、簡単に食べられるゼリーやプリンなどを購入して持っていってあげる。病気のときは臨機応変に行動できる女子よりも、なにもできなくなる男子の方が心細くなるもの。そのときに女子がきて、テキパキと身の回りの世話を焼いてくれると、「なんて家庭的な子なんだ!」と思ってもらえます。弱っているときに思いっきり甘えさせてあげて、あなたの必要性を見せつけましょう。

定番の家庭料理がつくれる

女子が考える料理上手=ハーブやスパイスなどを使ってイタリア料理やフランス料理などの凝った料理を作れるというイメージですが、男子は違います。
単純な味を好む男子にとっては料理上手=ハンバーグやカレーなどの定番の家庭料理がしっかり作れるということ。
このときもお洒落なソースをハンバーグにかけたり、特別なスパイスでカレーを作ったりするのではなく、普通の冷蔵庫にあるものでいつも通りつくるというのがポイントです。
男子は、レストランの味ではなく、素朴な家庭料理の味を食べてこそ「この子と結婚したら……」と未来を思い描きます。

子どもに優しい

いつか結婚をして家庭を持ったその先に思い浮かぶのが子どものこと。
いくら美人でスタイルが良くて心優しくても、子どもを遠巻きに見て「わたし子ども苦手なんだよね……」なんて言われたら、“結婚”の二文字はスルスル〜としぼんでいきます。
逆に、子どもを楽しそうにあやす姿をみたり、上手に遊んでいる姿を見たりすると、「いいお母さんになってくれるだろうな」と、結婚が必然的に頭に浮かぶようになります。

高齢者に優しい

子どもと同様に、結婚をした後に心配になるのが自分の両親のこと。だからこそ高齢者に丁寧に接することは、家庭的な印象を持たれるうえでも外せないポイントです。
電車に高齢者が乗ってきたときに快く席を譲ったり、高齢者とお喋りをする機会があったときに尊敬の気持ちを持って接したり。その姿を見ると「結婚したときに自分の両親のことも大切にしてくれそう」と感じます。
逆に結婚前から「同居は絶対にいや」などと宣言してしまうと、彼に同居をする気持ちがなかったり、将来的に同居の予定がなかったりしても「この子と結婚しても自分の家族は大事にしてくれない……」と一線引かれます。

バッグの中がきちんと整えられている

バッグをあまり持つことがなく、持っても荷物を突っ込むだけでバッグの中まで整理をする意識がない男子にとって、バッグの中まできちんと整えられている女子は、それだけで女子力が高いと思うもの。物をきちんと整理できる=しっかり者とみられ、「結婚したら、きちんとしたいい奥さんになりそう……」と思われます。
男子は見てないようで細かいところまでしっかり見ているもの。バッグの中にはハンカチ&ティッシュなど女子アイテムをしっかり入れて、バッグinバッグなどを使用しながら中身を綺麗に保つことを意識していきましょう。


今回は、男子が「家庭的な子だな〜」と思う女子の行動をご紹介しましたが、いかがでしたか? 恋人に結婚を意識させるためには、着飾ることやメイクを可愛くすることよりも、日常生活で家庭的な面をみせるほうが効果的です。

「いい奥さんになりそう」と思わせる女性になって、彼からプロポーズされちゃいましょう♡


恋活パーティーは【Rooters】

150415241454-thumb-815xauto-19460
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)