「相続税」なんて自分には関係ないと思っていませんか。いつやってくるかわからない相続。今年から法律が変わりました。
いつ自分の身に関わってくるのかわかりません。その時になって慌てないようにきちんと考えておくのが良いでしょう。


「相続税」

2015年から法律が改正されました。それまでは相続税の基礎控除が6割に引き下げられたのです。

父が死亡し母と子ども一人の場合

2014年まで基礎控除となる額
5,000万円+1,000万円×2=7,000万円

2015年以降
3,000万円+600万円×2=4,200万円

今までは家には財産がないから関係ないと言っていた家庭でも関係してくる場合があります。


「相続税対策」

・相続人の数を増やす

相続税は累進課税の段階税率になっていますから、一人当たりの相続額を少なくして低い税率区分にあてはまれば、納税額はガクンと減ります。
また相続人が一人増えるごとに基礎控除額が600万円追加されます。ということは、相続人の数を増やせば全体の相続税を減らすことができるわけです。そこで出てくるのが「養子縁組制度」によって相続人を増やすという方法です。


・所有財産の評価額を下げる

土地・建物は、利用状況に応じて財産評価基本通達により評価減があります。更地で土地を持っている場合は、そこに建物を建てることで相続税評価額を大きく下げることができます。中でもアパートやマンションを建てて人に貸すことは、多くの地主さんがとっている典型的な相続税対策です。これは所得税、固定資産性の節税にもつながります。

・返済可能な借金を多く作る

借入金の残額は全額債務控除となるので、相続税を大きく減額する効果があります。
更地に建物を建てる時に借金をすると、さらに効果的な相続税対策となります。ただしその借金は返済可能なものでないと、返済に苦労することになります。返済可能な範囲で借金を多く作るのがいいということになります。

・生前贈与をして財産を減らしておく

財産を自分の名義で持ち続ければ、自分が死んだ時には当然ながらまるまる相続税の課税対象になります。だから生前に手放せるものは手放すようにした方がいいのです。子供や孫に生前贈与して、財産を減らすことを考えてみてください。

(出典:相続.com)

・生命保険で節税する

相続財産から生命保険料を支払っておくことで、相続税の対象となる財産が減り、相続税額が減ることになります。相続税の対象となる財産が減るということは、相続額が基礎控除額の範囲で収まり、非課税となるかもしれないですし、課税対象となったとしても相続税率が低くて済むかもしれません。相続税対策を目的とするなら、「終身保険」がよいでしょう。
相続税は誰かが亡くなることで発生しますから、相続税対策として活用するなら、死亡時に保険金が支払われるかどうかが肝心です。


「相続税対策のポイント」

「相続税」は、所有しているすべての財産に対して課税されます。相続税対策をするには、まず自分の財産がどれくらいあるのか、それに対して相続税がいくら課税されるのかを知ることが必要です。

・不動産・預貯金・有価証券・生命保険・ゴルフ会員権その他

・借入金・税金の未払いなどの債務

・収入

これらを全て評価し、全体でいくらになるのか現状を把握することが必要です。
そこから自分に合った節税対策を考えることになります。

今年から相続税の基礎控除額が減らされたことで、今までは税金を納めなくて済んだ人でも納めなくてはならない場合が出てきたということはわかりました。
一番困るのは不動産を相続して納めるべき現金がないという時です。アベノミクスの影響で地価が上昇し始めた地域の方などは注意が必要です。
評価額6000万円の不動産を相続した場合、昨年までは基礎控除の範囲内で課税対象ではありませんでしたが今年からは60万円の納税となってしまうのです。

少し、自分のお家でも考えてみましょう。



money-businessman-1024x682
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)