毎日使うキッチン。食品を扱う場所でもあり、常に衛生面も気になりますよね。しかし、油汚れや調味料などの汚れがたまりがちで、お掃除がしにくい場所でもあります。年に一度の年末大掃除に向けて、効率の良いキッチンのお掃除方法をご紹介いたします。

【用意する物】

・ぞうきん(ぬれぶき用・からぶき用)
・洗剤
・スポンジなど

【手順】

シンクの中に洗い物が残っている場合は先に洗います。洗い終わった後は拭いてから食器棚に戻しておきましょう。

まず、換気扇をとりはずしましょう。分解できるところが分解します。シンクにタオルを敷き、換気扇のパーツとガスコンロの五徳、汁受け、バーナーキャップ、排気口カバー、魚焼きグリルも取り外して洗剤を吹きかけておきます。換気扇の周りも洗剤を使い水拭きでしっかりと拭き、油汚れを落とします。換気扇のフィルターもキレイな状態にします。換気扇のパーツや、ガスコンロの五徳などのパーツの油汚れを浮かせている間に、その他の場所の掃除をしましょう。

次にキッチンの吊戸棚の中のモノをすべてだし、棚を拭きます。この時、いつも使わない調理器具や賞味期限の切れた乾物などは処分しましょう。吊戸棚に扉がついている場合は、扉も拭きます。吊戸棚も扉もまずは水拭きをし、その後から拭きをします。汚れがひどい場合は洗剤をつけたり、メラミンスポンジなどを使ったりすると汚れが落ちやすいですよ。

その次にレンジ周りの壁を拭きます。油や調味料が飛び散っていることが多いので、食器用洗剤や台所用洗剤を使用して水拭きをします。仕上げにから拭きをします。

次は、ガスレンジとレンジ周りを洗います。点火つまみの細かい部分もきれいにします。汚れがひどい場合はお湯や洗剤につけ置きすると取れやすくなります。

先ほどシンク内に置いておいた換気扇、五徳などのパーツを洗います。素手で触ると汚れがきちんと落ちているか確認することができます。落ちにくい油汚れは洗剤などをつけ、お湯で洗います。洗い終わったら乾かしておきましょう。

シンク、蛇口、調理台などを洗います。洗剤は直接つけるのではなく、スポンジに洗剤をつけてこすります。コゲ落としやひどい汚れ部分はクレンザーが便利ですが、金属部分、ステンレスはキズが付きやすいので注意しましょう。

次は排水溝です。トラップもとりはずしてよく洗います。ヌメリもきれいに取り除きましょう。生ごみがあれば捨てます。三角コーナーを使用している場合は同様によく洗いましょう。ネットを使用している場合は、新しいネットを付け替えます。

換気扇、五徳をもとにもどします。バーナーキャップはよく乾かし、凹凸に注意してはめます。

そして、全体的にからぶきをし、小物類も拭きながら元に戻します。調味料の小物などもきれいに拭き、ラベルをそろえて並べます。じゃっ口は最後にもう一度拭き、ピカピカにしましょう。

冷蔵庫の扉、電子レンジ、炊飯器やポットなどの調理機器もきれいに拭き上げます。

最後に扉や床を拭き、終了です。

キッチンの効率の良いお掃除の仕方をご紹介いたしました。キッチンのステンレス部分はキズが付きやすいので掃除道具は慎重に選び、あまり力をいれすぎず、やさしくこすり洗いするのがポイントです。蛇口などは乾いた布でふくとピカピカになりとっても気持ちがいいですよ。
年末の大掃除にはぜひやっていただきたい場所ですが、毎日のお掃除を継続していくと汚れがたまらず、また汚れがついてしまっても簡単に落とすことができます。
また、キッチンがいつもピカピカだとお料理も気合がはいりますよね。ぜひこのやり方を参考に実践してみてくださいね。
 
衣類洗剤・掃除洗剤・防ダニ対策品【ウエキ公式オンラインショップ】


31b8fb858994f4e7322ad068da7e3bf0_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)