「洗濯」は家事の中で好きですか?洗濯機がやってくれるのでさほど手間はとりませんが、特に考えず、洗濯機任せにしているのではありませんか。でも、ちょっとしたコツであなたの「洗濯」もプロのような出来上がりになります。今まで落ちないと思っていた汚れもきれいに落ちて、すっきりします、衣類の寿命ももっと長く出来るかもしれません。もう1度「洗濯」について学んでみましょう。

「洗濯」って

衣類は着用すると何らか、必ず汚れてしまいます。衣類を汚れたまま放置すると、「黄ばみ」や「ばい菌」、「イヤな臭い」などが発生してしまいます。またカビが発生してしまうこともあります。
正しい方法で「洗濯」することで大切なお洋服が長く着られるようになりますよ。

「洗濯洗剤」

現在洗剤で、圧倒的に多いのは液体タイプの洗濯洗剤。従来の液体洗剤はもちろんのこと、すすぎが1回ですむコンパクトタイプや、分量をわざわざ計る必要がないジェルボールタイプなど、そのバリエーションは多彩になっています。その差は何でしょうか。

泥汚れを落とすのに適しているのが粉末洗剤。皮脂汚れの洗濯に強いのが液体洗剤ということです。つまり、野球やサッカーのユニフォームには粉末洗剤。ワイ社角襟首の皮脂汚れには液体洗剤を使うのがより良いという事になります。

泥のついたユニフォームとワイシャツを一緒に洗うという人はまずいらっしゃらないと思いますので、使い分けをすると良いですね。粉末タイプと液体タイプでは、「成分」も「汚れへのアプローチ」もまったく異なります。それぞれの家庭の状況に応じて使い分けるのが賢い方法かもしれませんね。

「柔軟剤」

柔軟剤はいい香りが楽しめてタオルや衣類が柔らかくなるので使っていない方はあまりいらっしゃらないのと思います。洗濯機にそれぞれの投入口があるのでそこに入れると正しい時に入るので問題はありませんが、投入口を使わないで初めに2つを同時に入れているとしたらとてももったいないことになります。
2つを混ぜてしまうと、洗剤のマイナスイオンと柔軟剤のプラスイオンが中和してしまい、洗浄効果も柔軟効果も失われてしまうからです。

「干し方」

お天気が良い日に外干しするときは、よく乾くのでそれほど悩むこともありませんが、お天気が悪い時や夜洗濯をして部屋干しをすると生乾きになったりして嫌ですね。
洗濯物の乾きやすさを左右する条件は「日照」「気温」「湿度」「風」の4つだということです。部屋干しの場合は「日照」を除いた3つを上手にコントロールしていくことになります。

1.たくさんの洗濯物を干さない。室内の湿度が上がるとそれだけ洗濯物の乾きも遅くなります。あまりたくさんの洗濯物を一度に干すのはあまりお勧めできません。ちょっと着ただけで洗っていませんか。ちょっと見直してみましょう。

2.
乾きやすさを考えて換気をしっかりしましょう。部屋干しの時は除湿機やエアコンのドライ機能をつけておきましょう。雨の日は窓を開けると湿気が入ってくるので逆効果になってしまいます。雨でない時に窓を開けるときは窓を2か所以上あけましょう。(出来れば対角線上の窓がいい)

3.
乾燥機が付いた洗濯機であれば、脱水後に30分程度、乾燥機をかけると乾きやすくなります。仕上げだけかけると気持ちよく仕上がります。

4.
手間はかかりますが、初めだけアイロンをかけると乾きやすくなります。シワも伸びるので一石二鳥ということになります。

5.
ご扇風機を使うのも効果的です、扇風機の風を直接洗濯物にあたるようにするとよいでしょう。

6.
部屋干しのコツは表面積を最大にすることが大切です。タオルなどは折りたたんだ形で干さないようにしましょう。洋服の縫い目は分厚くなっているため、乾きにくいところです。その部分を表面に出して干すのがおすすめです。

ちょっとしたコツが「洗濯」にも必要です。あなたのお洗濯も一度見直してみましょう。明日からもっとお洗濯が楽しくなりますよ。

世界で話題!洗剤不要の通信型洗濯ボール【クリスタル・ウォッシュ】

9d1060b938ef30f1810086bfa6c0f5b4_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)