もうすぐクリスマスですね。いつものデートとはちょっと違い、着ている服もいつもよりちょっといいものを、バックも一番好きなものを、メイクもいつもよりも念入りに、もちろん香りもまとってとクリスマスデートにはとびきりのおしゃれをしていきますよね。
クリスマスだからと彼が予約してくれたレストランも行ったことのないような高級フレンチ、ホテルの中の高級中華、料亭など緊張してしまうほどのお店だったことはありませんか。
もしかしたらプロポーズされるかも?でも、そんな高級レストランと言われるところでのマナーは知っていますか。
彼から幻滅されたり、やっぱりプロポーズは考え直そうなどと思われたら大変です。もう1度レストランに行く前にそのマナーを確認しておきましょう。


<食前酒のハードル>

まずお店でテーブルに案内されたところで食前酒を頼みますか?
お酒が飲めないからいらないという方もいるかもしれませんが、これはマナー違反です。
アルコールが苦手なのでと話せばきちんとノンアルコールのメニューをくれるお店もあります。この食前酒には「飲みながらメニューを決める」という意味もあります。
まずは食前酒を楽しみましょう。そして、乾杯ではまさかグラスをあわせてカチン!と鳴らしてないですよね。これもマナー違反です。グラスを少しあげて傾けるだけで乾杯は十分です。音を鳴らさないように気を付けましょう。


<メニューのハードル>

次にメニューです。彼氏とあなたに1つずつメニューを渡されます。
あなたのメニューには金額は書いていないかもしれません。でも、それは間違ったわけではないのです。
実は彼氏のメニューには金額が書いてあるはずです。それは、男性側がお支払いをするという考え方に則り、女性側のメニューには金額は書いていないのです。お店側の配慮といったところですね。
ただ、金額が書いていないことで逆にメニューを選びにくいですよね。そんな時は彼氏にお任せしましょう。お肉かお魚かといったところだけ選べば大丈夫です。

和食のメニューならまだしも、フランス料理となると肉料理なのか魚料理なのかサラダなのか…難しいですよね。
フランス料理の特徴はデザートの前にフロマージュ(チーズ)が出てくるところでしょうか。いろいろな種類のチーズをスタッフの方が説明してくれながら取り分けてくれますが、多くの日本人にはこの辺りでもうお腹いっぱいといったところですよね。
もう入らない、というほど食べていなくても、ゆっくりと料理が出てくるフランス料理はいつもデザートに行きつくのが大変なほどです。なので、食べきれないほどのチーズをもらうのではなく、自分のお腹と相談してお皿に取り分けてもらうようにしましょう。


<お店の雰囲気というハードル>

食事を待っている間のおしゃべりはもちろんOKですが、周りを見てください。照明はちょっと暗めですか?それでOKなのです。お店側はちょっと暗めの、でも女性がきれいに見えるようなライティングを計算してくれています。
いよいよ食事が運ばれてきたら彼氏とおしゃべりしながらおいしくいただきましょう。
どんなにたくさんのマナーを守っていても、肝心の食事の味がわからなくなるほど緊張していたら、せっかくのクリスマスデートが台無しです。

ナイフとフォークのマナーはありますが、それを守っておいしくいただきましょう。
また、賛否両論ありますができればSNSへの投稿等に食事の写真を撮るのは避けたいところです。もちろんおいしくて記念に撮っておきたい気持ちもわかるのですが、その気持ちはしっかり味わって舌で記憶に残すことにしましょう。

また、お手洗いに立つ前に膝に置いていたナプキンはいつもどうしていますか?テーブルに軽く畳んで置くとお店のスタッフは「もう食事は終わったんだな」と理解します。
そこで席を外すときは軽く畳んで椅子の上に置くようにしましょう。また、最後にお店を出る時は逆にテーブルに軽く畳んだナプキンを置いていきましょう。

ここでも1つポイントがあります。決してナプキンはきれいに元々置いてあったかのように畳まないようにしましょう。きれいに畳むことで「食事がおいしくなかった」という意味になってしまうのです。
そこで、あえて「おいしかった」という意味も込めて、ナプキンは軽く畳む程度にしておきましょう。


いかがでしょうか。日頃行き慣れていないレストランでの食事となると緊張して味を覚えていないんだよね、ということもありがちです。でも、せっかく彼氏が予約してくれた素敵なお店です。
メニューを見ていてわからないことはどんどんお店のスタッフの方に聞いてみましょう。また、アレルギーや苦手な食材などあらかじめ伝えておくことも大切です。
レストランでの食事はもちろん一緒に行った人との会話も楽しめますが、そのお店のスタッフの人とのコミュニケーションも楽しめることの1つです。素敵なクリスマスデート、緊張し過ぎずに、素敵な時間を過ごせるといいですね。


パティスリーポタジエ

SHI86_tableset1342-thumb-815xauto-16435
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)