エステに洋服、化粧品、飲み会があれば飲み会にも行きたい。独身女性はお金がいくらあっても足りません。
でも、貯金をすることを忘れちゃいけませんよ。確かに独身女性が身だしなみにお金をかけることは大切なこと。
それと同じくらい、貯金も大切なものなのです。


【男が金を出さない時代、理想の結婚式は自分の力でゲットしなければならない】

はっきり言って、今の若い男性のほとんどはあまりお金を持っていません。無駄遣いしているとかそういうのではないのです。≪年収が低い≫のです。
よく、テレビで「年収が1000万円以上の男と結婚したい!」なんて言っている女性がいますが、そんなに稼いでいる若い男をゲットできるチャンスなんて滅多にありません。なので、男の貯金で自分の理想の結婚式・・・なんてナンセンスです。
一昔前の結婚式は派手派手だったためかなりの金額がかかっていましたが、最近の結婚式は地味婚が主流。
なので費用は少な目…とはいえ、平均350万ほどかかっているのが現実。海外で結婚式をしたい、豪華なドレスが着たい、引き出物にはこだわりたい、料理は最高のものを!なんて思うともっと値段は上がりますね。

まあ、ご祝儀や両親の援助もありますので、新婚の二人が全額出すということはないでしょうが、それでも多少は貯めておいた方が希望は言いやすいというもの。
もし相手のご両親が多めに出すと言い始めたりしたら、わがままは言いにくくなりますもんね。「自分が出すから好きにさせろ!」そう言えるくらいの貯金は持っておきたいものです。

理想は両家折半、完全等分です。100万円~150万円は、結婚式で使えるくらいの貯金を持っておくと安心ですよ。


【結婚した自分を守るのは独身時代の貯金】

貯金がないまま結婚してしまった場合、個人的な貯金を貯めることは難しくなってきます。
夫婦完全別会計というのであればそこそこ貯めることはできるでしょうが、子供ができればその養育費用は思った以上に跳ね上がり、独身時代のように大きな金額を貯金するのは不可能になるのです。
自分個人の貯金が雀の涙の状態で、もし離婚話に発展したとしたら?その少ない貯金で離婚後の生活をスタートさせられるんでしょうか?
夫のDVや浮気に悩んでも、弁護士に依頼することすらできないかもしれないですよ。自分が自由にできるお金を確保しておく、これは自分で自分を守るためにも必要なことですよ。

貯金のない女性は、結婚後のトラブルに際して、身動きが取れなくなり、精神的な余裕がなくなります。
いわゆる詰み状態ですね。周囲や行政を頼ることも可能なはずですが、心に余裕がない状態だと、それすら思考から抜けてしまい、「私はどうせ逃げられないんだ」「この生活に順応しなければならないんだ」となり、結果不幸な結婚生活に浸かってしまうことも。

反対に自分の貯金を持っている女性は「いつでも離婚できる」「相手が私に何かしたら裁判でも何でもやってやる!」くらいの余裕があるため、普段の生活から夫と対等に渡り合え、有事の際にも冷静にいろいろな手段を考え付くことができるのです。
ですので、自分の身を守るためにもある程度の貯金は独身の頃からためておきたいものですね。


【もし離婚となったら】

悲しいことに、離婚をする夫婦が増えてきています。もし、離婚となった場合、結婚後に貯めた貯金は折半することになります。しかし、結婚前の貯金に関しては折半対象にならないのが普通。
そう、結婚後の貯金が少なくても、独身時代の貯金が丸々残っていればそれをもって離婚することができるのです。
結婚後、生活のために独身時代の貯金に手を付けていれば返還要求もできますので(夫も出していれば相殺される可能性もあるけど)離婚後の生活に不安がありません。独身時代の貯金は自分だけの宝物。自分の身を守る盾です。大切にしてくださいね。




YUKI_kodomookane15144623-thumb-815xauto-18876
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)