品の良さとは、一体どこからきているのでしょうか?「ここ!」という断言できない内なるものから私達は感じ取っているように感じます。ファースト・レディのように完璧なる淑女になれという事ではありませんが、現代人は特に品の無さが目について仕方ありません。もっと、こういう言い方をすれば…とか、もっとこういう振舞い方をすれば…など、勿体ない女性が多いように感じます。


【気品漂うレディになるための日々気を付けておきたいポイント】

・Lesson1満面の笑みまでいかずとも微笑は常に意識しておくこと

口を大きく開けて、歯をむき出して笑うことを「微笑む」とは言いません。とても楽しい事や、おかしなことがあったときは、満面の笑みで笑う事はあっても良いと思います。ですが、何もしていない時や誰にも見られていない、素の表情の時こそ微笑の練習をする時なのです。
一人で微笑んでいるなんてバカみたいじゃないの?と思っている人もいると思いますが、常日頃から口角を上に上げている癖を付けないと、美しい笑顔は作ることは出来ません。
優しくホンワカした笑顔で、途端に周りの雰囲気をホッとさせるような笑顔を手に入れるためにも、日頃から口元の緩みは意識するべきポイントなのです。

・Lesson2全ての動作に両手を添えること

片手でコップを取る動作と、両手でコップを取る動作、どちらが美しく見えるかなんて一目瞭然ですよね。
だからといって、必ずしも両手でと言う意識を付けておくべき事ではなく、携帯を触る時でもコーヒーを飲む時でも、人にモノを渡す時でも、両手を使う方が上品に感じますよね。そうした振る舞いの一つ一つが、気品漂うレディに近づく一歩となるのです。

・Lesson3ハンカチ・ティッシュは常に持ち歩くこと

こちらは、女性なら実践されている人は多いのではないでしょうか?お手洗いにいく時などなくてはならないアイテムですからね。ですが、最近の若い女性は、「トイレに手を乾かす機械があるのに?」という考えを持っている人もいるそうです。反対にずっとバッグに入っているハンカチの方が、菌が繁殖していそう…なんていう人もいるのですから驚きです。
ハンカチやティッシュというのはマナーでもあり、女性なら持っておく必要がある必須アイテムです。現に、男性から「女性なのにハンカチも持っていないの?」と言う声を耳にするのは、そういう理由なのです。
不意に何かを落とした時や、素手で触ることが下品に映ってしまうときなどでも、ハンカチは重宝しますからね。

・Lesson4基本動作はゆっくりと丁寧に行うこと

きびきびと動くことは仕事では大切な事かもしれませんが、普段の基本動作はゆっくりと行うだけで、上品な雰囲気を醸し出すことが出来るのです。せわしない動きは一緒に居る人も急かしてしまう事もあるので、その部分でも心遣いとしてかんがえていきましょう。ですが、ゆっくりといってもただ単に遅くてノロマなのではいけません。そういうことではなく、ゆっくり行う事で動作の1つ1つが丁寧に出来るのです。

・Lesson5正しい日本語を扱い会話すること

現代人は正しい日本語を知らないと、大人の人たちによく言われますよね。正しい日本語とは、文章や言葉を省略したりすることなく扱う事や、伝えたい思いに沿った言葉で相手に伝えるという意味です。本を読まない人が増えたからでしょうか?文章の書き方や、言葉のチョイス一つにしても博識ではないという事がわかってしまいます。


いかがでしたでしょうか?こういう記事を書かせていただいている筆者もまた、レディを夢見る修行の身でございます。
内側から醸し出される気品という言葉に、似合うようなレディになる事を目指し日々精進いたしましょう。


60e2517ec610c057a002e192c7b6a0cb_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)