バスルームは1日の疲れを落とし、また1日汗をかいた体を洗う場所です。湯船に入ったときに、タイルの目地や洗面器にカビがついたカビが目に入ったらげんなりしてしまいますよね。いつでも清潔にしておきたいバスルームのお掃除方法をご紹介いたします。


【用意する物】

・ぞうきん(ぬれぶき用・からぶき用)
・洗剤
・スポンジなど
・使い古しの歯ブラシ
・バスタオルやレジャーシートなど


【手順】

お掃除に取り掛かる前に、必ず換気扇をつけ換気をしましょう。換気扇がない場合は窓を開けて風通しを良くします。
また、バスルームのお掃除はお水ではなくお湯を使います。お湯を使うことにより汚れをゆるめ、落としやすくなります。夏場でもお湯を使うようにします。

まずは作業スペースを広く確保するため、バスルームの中のモノはすべて外に出します。扉の外にバスタオルやレジャーシートなどを敷き、その上に出していきます。シャンプーやリンス、石鹸など全ての物を出していきますが、汚れていたりヌルヌルするようであれば洗い流してから外に出します。ポンプ式のボトルタイプの物は、ボトル部分を持つのではなく、本体の方を持つようにします。ボトル部分がゆるんでいることがあるので、ボトル部分を持つとボトル部分が落下してしまうことがあるからです。
洗面器やイスは裏返したり、別の角度から見るなどして汚れがないか、カビがついていないか確認して洗います。
この時、洗剤を直接洗面器やイスにかけるのではなく、スポンジに洗剤をつけて洗面器やイスなどを洗うようにします。
カミソリなど危険なモノは取扱に注意しましょう。

そして、浴槽のフタを洗います。ジャバラの物は目地の中もブラシなどで洗い流しましょう。裏面も忘れずに洗います。
腰の位置を目安に、全体にお湯をかけ、壁、扉、棚などを洗っていきます。この時も、先ほどと同様洗剤は直接壁や扉などに吹きかけるのではなく、スポンジにつけてから洗います。

次に浴槽を洗います。浴槽の内側を洗う時は、バスタブに入って、座った位置で汚れを確認します。追い炊き口のカバーも取り外しておそうじします。湯垢が残っていないかなどを確認します。手で触ると、汚れが残っている場合はちょっとザラザラした感じがします。内側を洗ったら、外側も洗います。

次に、鏡と蛇口です。スポンジに洗剤をつけて洗います。床をブラシなどで洗う。排水溝は全て外し、細かい部分まで洗います。
歯ブラシなどを使うと便利です。元に戻す時は順番を間違えないようにしましょう。また、ゴミは残らずとります。
全体的に乾拭きをして水気をとります。蛇口は乾いた布で擦るとピカピカになります。鏡は一定方向に拭きあげます。
小物などを戻します。この時、ラベルをそろえて並べると見栄えがします。最後は扉の外側を拭き、乾拭きで仕上げます。

バスルームの効率の良いお掃除の仕方をご紹介いたしました。バスルームは水気が多く、またツルツル滑りやすいことがあるので、注意しながらお掃除をするようにしましょう。また、お掃除中は、換気扇をつけたり窓をあけたりして、換気をよくした状態にしましょう。バスルームは狭いで、お湯の熱気や洗剤のニオイなどで体調を崩してしまうことがあります。
必要に応じて水分を取りながら作業すると安心です。

年末の大掃除にはぜひやっていただきたい場所ですが、毎日のお掃除を継続していくと汚れがたまらず、また汚れがついてしまっても簡単に落とすことができます。またバスルームがいつもピカピカだと、お風呂に入った時にゆったりとリラックスした気持ちになりますよね。ぜひこのご紹介したやり方を参考に実践してみてくださいね。




b5529271c80bacf52e36bf069c0bd284_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)