長く付き合っている彼氏がいる。

彼氏と別れてもすぐに新しい恋人ができる。

男性からのデートの誘いはそこそこある。

合コンでも男性から言い寄られる確率が高い

一見とても羨ましい状況ではあるものの、一向に結婚の話が出ない、結婚相手が見つからないという悩みを抱えていませんか?
モテている実感はあるものの、なかなか結婚相手として見てもらえない。この状況に底知れぬ不安感を感じる女性は多いものです。
こういう状況に陥る原因は、男性が恋人にしたい相手と結婚したい相手を区別しているからです。

恋人にしたい相手=結婚したい相手ではないのです。

そこで今回は早く結婚相手を見つけたい、彼氏に結婚したいと思われたいという方のために、結婚相手になるための3つの条件についてご紹介いたします。


①前向きな性格であるかどうか

結婚相手に求める条件として「性格」というのはとても大事な要素です。性格が合うかどうかも大切ですが、前向きな考え方ができる人かどうかがポイントとなります。美人なだけの連れて歩きたい恋人なだけであって、毎日一緒に生活を共にする相手にはそれは望みません。もちろん身なりが綺麗で自分のタイプの人であるに越したことはありませんが、それ以上に性格が前向きかどうか、ポジティブな考え方ができるかどうかが問題なのです。
例えば、旦那さんが仕事の悩みをあなたに打ち明けてきた時。「なんでそう思うの?もっと頑張りなよ」などと気持ちを汲み取ることなく、説教じみた発言をするのはNGです。「大変だったね、でもあなたなら大丈夫」と激励することです。こういったことは結婚してからするものと思うのではなく、恋人関係の時、恋人になる友達関係の時からできることです。
男性はそういう前向きな女性であるかどうかを見ているのです。ネガティブ思考な相手と毎日一緒にいたいとは思いません。些細なことでも日々の発言によって、男性の気持ちを鷲掴みにするか、離してしまうかはあなた次第なのです。


②精神的に自立しているかどうか

結婚すれば、1人から2人となり支え合う相手ができるので、辛いこと・悲しいことが起きた時は頼れる相手がいるということになります。もちろんそれは2人だからこそできる素晴らしいことなので、決して旦那さんの前でクヨクヨしてはいけない、めそめそしてはいけないということではありません。弱音を吐ける相手は旦那さんだけというのも男性からすると可愛く見えるものです。
では、一体男性が何を見ているのかというと、依存体質ではないかどうかということです。寂しがりやで1人で過ごすことができない、感情がコントロールできないという人は要注意です。
例えば旦那さんの帰りが遅い日が続いたとします。「寂しいからもっと早く帰ってきてよ」とか「他の女の人と会ったりしてないよね?」などと自分勝手な気持ちで相手を疑ったり、寂しさを一方的に押し付けてはいけません。彼氏がいる人も同様で、そういう発言を繰り返していると精神的に自立してないな、重たいなと思われてしまいます。これではいっこうに結婚相手としては見てもらえないのです。自分の気持ちをコントロールして、相手に精神的に負担をかけないことが大切です。
恋人がいる人もいない人も感情をコントルールすることは今からできることなので、精神的に自立した女性になれるよう日々努力してください。


③最低限の家事ができるかどうか

最後に、どんなに性格が前向きで精神的に自立をしていたとしても、結婚相手となるとやはり最低限の家事ができるかどうかは大きな要素となります。彼氏か自分が一人暮らしの場合は、お互いの家を行き来することもあるでしょう。その時に家が汚いとか家事が全くできないという状況は良くありません。掃除も完璧で料理の腕もプロ並みであることが条件ではなく、物が整理整頓されていたり、料理も簡単なものでも手早く作れるものが何品かあるなど最低限で良いのです。「この子、家事できるな」ではなく「家事できそうだな」と思わせるレベルで十分です。掃除でも料理でも得意なことから出来る範囲でやっていくことをお勧めします。
また、彼氏がいない人やお互い実家暮らしの人でも、家事が全くできない、親に任せっきり、経験がないという発言を避けたり、いかにも料理をしなさそうなデコネイルを避けたりすることで、「家事できそうだな」と思わせることは十分できます。


いかがでしたでしょうか?恋人から結婚相手に昇格したい、早く結婚相手を見つけたいと思っているあなた。この3つのことに気をつけるだけで、一気に「結婚」が近づいてくるかもしれません。ぜひ実践してみてください。




8729e05ef901824655ca3853901afa5f_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)