最近では、プチ整形は当たり前の美容法として話題になっていますよね。ほうれい線が気になり始めたらヒアルロン酸を注入したり、小鼻を小さくしたいならメスを入れるなど、数万円のプチ整形で気軽に理想の自分に近付くことは出来る今の時代。ただ、それにはやはりメンテナンスが必要です。これから先、何十年も継続的に施術を受けることは可能でしょうか?

プチ整形で、メスや注射を入れる前に理想の顔になれる可能性があるのをご存知ですか?1日では変わらないけれど、まずは少しの努力から!続けていれば、大きな変化も期待できるかもしれません。
小鼻を小さくしたい方には、まずはむくみの解消をオススメします。関係ないように思われがちですが、実は小鼻が気になるほとんどの原因はむくみと言われており、まずはむくみを解消することからスタートしてみてはいかがでしょうか。むくみを解消するためには、入浴時などの身体が暖かく筋肉も柔らかい状態の時に、マッサージやストレッチを行うのが効果的とされています。
まずはマッサージクリームを適量なじませ、小鼻の脇をくるくると優しくマッサージします。力が入りすぎるとシワの原因にもなってしまうので、中指もしくは薬指でマッサージすることをオススメします。
次に小鼻から頬骨の下を通り、耳の後ろのリンパを流すツボ、耳下腺までギューっと滑らせるように、小鼻の脇をくるくるマッサージして集めた老廃物を流していきましょう。そして、耳下腺から、首筋、鎖骨の下から脇に流していきます。
これを、3~5回繰り返しましょう。それだけで、かなりむくみが改善されるので小鼻やフェイスラインも引き締まって見えるはずです。

もっとむくみを解消したい場合は、お風呂に入りながらできる方法があります。美容グッズコーナーで何度も目にしたことのあるインパクトのある、あの商品がオススメです。見た目は完全にプロレスラーのような覆面のマスクです。入浴時に装置し、汗をかくことでむくみがかなり改善されます。人に見られるのは恥ずかしいかもしれませんが、とってもオススメの商品です。

次に、ほうれい線が気になる方。こちらも、たるみやむくみが原因こ場合も考えられます。まずは口角を上げる筋トレや、頬の筋肉を鍛える筋トレを行うことで筋肉でたるみを持ち上げ、結果的にほうれい線を目立たなくさせることも期待できます。
ただ「鍛える」と言っても、顔の筋肉を部分的に動かすのは中々難しいですよね。そこでオススメなのは、美容グッズコーナーなどにも取り揃えられている口周りの筋トレグッズです。

口にくわえて、空気を吸ったり吐いたりする器具は、口角を上げ、頬の筋肉も効果的に鍛えられるのでとってもオススメです。器具を買ってまで…という方は、ペットボトルの飲み口をくわえて、同じように空気を吸ったり吐いたりしてみてください。柔らかい素材のペットボトルがオススメです。少し呼吸が大変ではありますが、同様の効果を期待できます。

ちなみに、顔面の筋トレを行う際は、沢山すればいいということではありません。筋トレを行うと、筋肉を動かすために血中の酸素をたくさん使いますので、結果的に活性酸素を発生させてしまいます。継続的に行い過ぎると老化を促進させてしまうことも。
綺麗になりたいのに、老けてしまっては元も子もありませんよね。なので、顔面の筋トレを行う際は、「ちょっと疲れたな」「ちょっと痛いな」と感じたら、一旦筋トレを休憩して、シルク姉さんもオススメの活性酸素を分散させるストレッチをしましょう。
ラッパを吹くときのように、唇をブルブルさせて活性酸素を分散させます。まず沢山息を吸って、唇をブルブルさせながら息の続く限り吐き続けます。筋トレ中に、痛みを感じたら無理をして続けずに唇ブルブルストレッチを挟みながら行いましょう。

プチ整形でメスや注射を入れる前に、理想の顔になれる可能性があるなら1日では変わらずとも続けていれば大きな変化を期待できるはず。プチ整形をする前に、まずは少しの努力を続けてみてはいかがでしょうか。


【ウィンクルイージーサポートジェルEX】

6baca71e3f87c4e0fc22c4e2abf18405_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)