目鼻立ちが整っていてキレイな顔をしていたり、スレンダーな体型で美人であったりしても、何となく雰囲気が良くなかったり、キツイ性格が表に出てしまっていて残念な人がいます。態度がとげとげしいというかどこか女性らしさが足りない人です。

反対に顔立ちがものすごくキレイでなくても、とても雰囲気があり、感じの良い「美人」がいます。後者の方は意識してこれを目標にしていたら誰にでもできることではないでしょうか。

【雰囲気美人を作る日頃のステップ】

・挨拶

いつでも誰にでも平等に笑顔で気持ちよく挨拶して接すること。これは基本ですが、いい大人になってもなかなかできない人がいます。たまたまその時の自分の体調が悪かった、何か気に入らない出来事があった、相手がキライな人だった、機嫌が悪かったなど。このような理由でふてくされた態度をとったり、表情に出したりするのは良くありませんよね。

こういった自分の感情を表にあからさまに出すのはタブー。その場の雰囲気を壊しますし、周りに気を遣わせてしまいます。みんなに不快な思いもさせてしまいますよね。職場で何か嫌なことがあったり、プライベートでしんどいことがあったり。とはいえ、もし何かあったとしても周りの人には関係のないこと。あからさまにそれを表情に出さないように気をつける。これは大人の女性のマナーではないでしょうか。

ビジネスシーンでもママ社会でも近所の人でも、相手に甘えが出てしまう身内であってもマナーではないでしょうか。良くありませんよね。とても大切なことだと思います。

・身だしなみ

自分に似合うものを身に着けていること。そしてTPOが考えられる人です。例えばとてもスタイルが良くて足がまっすぐで自信があり、見せたい!出したい!と思っている人がいるとしましょう。ですがミニスカートやホットパンツで職場や子供の学校へ行くのはおかしいですよね。

いつもピンヒールで美しく歩くことができるかっこいい女性がいたとしましょう。でも、ピンヒールでBBQや運動会へは行きませんよね。きちんとした大人の女性はTPOを考えてその場に合わせたスタイルでいることができます。身だしなみも美しく。ボサボサのヘアでスッピンにジャージなんかで買い物に行ったりはしません。

きちんとした清潔感のある格好でいること。これが大人の美人な女性ではないでしょうか。

・人の話を聞く姿勢

自分の話ばっかりしないで相手の話を聞くことができる女性は魅力的ですよね。コミュニケーションでのうなずくタイミングや目線、そして笑顔。これはどのシーンでも身に着けておけば役に立つことではないでしょうか。美しい姿勢で、口角がいつも上がっていることも大切なポイントです!

あなたの周りにはこういった「雰囲気美人」はいますか。美人のオーラは周りに伝わるものです。一緒にいていつも笑顔でにこにこしていて感じの良い女性がいたら、それだけでその場の雰囲気が和み、楽しくなることでしょう。

20代には20代の、30代には30代の「美しさ」というものがあります。歳を重ねるにつれ、数字では「若さ」というものはなくなりますが、これまでに積み上げてきた経験や人への思いやり、優しい気持ちは年齢とともに増していくものではないでしょうか。これらのことを大切にして相手と接する。そうして自分のものにしていきたいですよね。

いかがでしたか?職場など自分の周りに雰囲気美人の女性がいると良いですよね!一緒にいる人に「あの人は感じが良いな……」「女性らしくてキレイだな!」と感じてもらい、雰囲気のある美人になることをイメージしてみましょう。今日から美しい姿勢、笑顔、挨拶を心がけてみてはいかがでしょうか♪



d361952964be3aba5182ca0977fc8c44_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)