これからの季節、お正月にバレンタインなどパーティーが続きますよね。お友達のお家に呼ばれたり、パーティールームのパーティーに参加したりと場所や参加メンバーによって持って行く手土産、差し入れも変えたいところです。どんな時にどんな手土産をもって行ったらおしゃれで喜んでもらえるのでしょうか。

<お家へのお呼ばれには>

手土産にはワインだったり、ケーキだったりと相手や場所によって考えますよね。では、お家にお呼ばれした時にはどんな手土産がいいのでしょうか。その場合はまず誰への手土産にするかを考えましょう。

呼ばれたのが自分だけではなく何人かの場合は、その場で食べられるケーキのようなお菓子もいいのですが、ケーキ+もう1つ持って行きませんか? たとえば、パーティーの日ではなく後日、家族だけの食卓に出せるようなとってもおいしいお肉の佃煮やお漬物などちょっと変わった1品を手土産などなど。「これうちの近くのお店でしか売ってないんだけど、とてもおいしいから」と自信を持っておすすめできるものがベストです。その際には、招待してくれる方の好みをリサーチしておくことも大切です。

また、他に招待者はなく自分だけを招待してもらった時はその場で一緒に食べられるパン屋さんの菓子パンを買うこともおすすめです。たとえば、パンを1つだけってとても買いにくいですよね。それにおいしい菓子パンなども1つ2つ食べたらお腹いっぱいになってしまいます。でも、お呼ばれした時においしいパン屋さんのデニッシュなどをたくさん買ってシェアできたらお互いに満足ですよね。

<パーティーへの差し入れは>

パーティールームでのパーティーなど、たくさんの人がくるパーティーではなかなか全員分の手土産というのは難しいですよね。そんな時は手作りをしてみませんか。クッキーだったら、大きさを変えて個数を合わせることもできますし、パウンドケーキであれば1本焼けばその切り方で全員分を作ることもできます。

手作りって面倒くさいと思うかもしれませんが、実は手作りの難しいところは作り過ぎてしまうところです。食べる分だけ焼ければいいのですが、全部食べていたら太ってしまいますよね。なので、パーティーでたくさんの人に食べてもらいましょう。

<親友のお家への差し入れは>

とても仲がいい友達だからいつも遊びに行くからというだけでは手土産なしの理由にはなりませんよね。でもたくさん持って行っても余ってしまうし、友達も逆に気を遣ってしまう、そんな時にはお取り寄せで届いたとってもおいしい高級チョコレートをもって行きませんか。チョコレートなら女子にはお手のものですよね。多少多くても2人で食べられてしまいますし、冷蔵庫にいれておけば余っても友達が軽く食べてくれそうです。いつも食べているコンビニのチョコレートでは特別感が出ないので、ぜひお取り寄せでしか買えないようなチョコレートにしてみましょう。

<子どもがいる場合の差し入れは>

子どもがいる場合は、子どもへのお菓子と考えてしまいがちですが、逆にとても難しいかもしれません。年齢によって食べられるお菓子も変わってきますし、両親の方針でスナック菓子はあげていない、チョコレートはあげていない、などルールがあると、せっかく持って行っても嫌な顔をされたり、子どもに見せる前に隠す方もいるようです。せっかく持って行ってもこれではこちらも気分が悪いですよね。

さらに、小麦や卵のアレルギーのある子にマフィンやロールケーキなどをもって行ったら大変です。そこで大人用の手土産ではなく、子どもにも持って行く場合は事前に聞くことをおすすめします。アレルギーがあるのかどうか、特別あげていないお菓子はあるかどうか、逆に好きなお菓子はあるかどうかなどリサーチしておけば、もらう方も事前にわかるのでその場で子どもに直接渡されても嫌な顔をする人はいないと思います。

「親しき仲にも」という言葉の通り、いつも会っているし、よくお邪魔するからという理由で手土産なしなのは大人として恥ずかしいです。とはいえ、相手が恐縮してしまうほどの高級なものや大量のお菓子を手土産にするのもまた迷惑ですよね。少しのもので相手が喜んでくれるものは何かよく考えて選ぶ、のがもらう相手にとっては嬉しいことにもなります。ぜひ伺う場所や相手の顔を思い浮かべながら、ゆっくりと手土産を選んでみてください。



9df32919d2f312008c87cfca15c24b7c_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)