パソコンやスマホなどを長時間使用していると、目を酷使します。だから、目じりのシワやクマができるし、頬までたるむしで結果老け顔になるのです。


●なぜパソコンやスマホが原因で老けるのか

では、なぜパソコンやスマホで老けるのかの理由をご説明しましょう。

①姿勢
姿勢が関係しているということを知らない人が少なくありません。端末を見るときに、頭を下方面に向ける前傾姿勢を取ってしまったりしていませんか?
こういう姿勢になると首の両側の『胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)』という筋肉が、緩んでしまいます。頭を支える筋肉が緩みますから、頬のたるみや目の筋肉の下がりに直結してしまうわけですね。

②片眼視
片眼視は、片方の目だけで近くのモノを見ることです。
右目だけで見る場合、顔を少し左に反らし、右目を中心にした姿勢を取ることになりますが、使わない左目は筋肉が緩んで下がってしまうんですよ。左右のバランスが崩れますから、顔が歪み老け顔になります。

③目の疲れによる血行不良
目の疲労は老け顔に大きく関係しています。血行不良に陥っていますから、肩も首もこります。そうなると頭部への血流は減少しますので、さまざまな体の機能が低下し、目への血流がさらに減ることになるでしょう。目をキョロキョロ動かす「外眼筋(がいかんきん)」も機能低下を起こします。目への血流が減ると、酸素や栄養分が届かなくなり、視力が落ちるだけでなく、目の周囲の皮膚にシワやクマが生じやすくなるので注意してください。


●改善法には何がある?

老け顔の改善は、簡単なエクササイズなどで解消することができます。

解消法①エクササイズ
1. 顔を天井に向けて目線を下に落とし、瞬きをゆっくり20回。
2. 顔を下向けて目線を上にし、瞬きをゆっくり20回。

これは、朝晩で2回行います。

解消法②スキンケア
1. 洗顔後、たっぷり化粧水で保湿。
2. コットンに滴るほど化粧水を染み込ませ、目の下にパック。
3. 10分ほどでコットンを取って、アイクリームをそっと乗せるように塗る。
4. 3分置いたら乳液やクリームを顔全体に伸ばす。

目の周りを触り過ぎないようにしてくださいね。

解消法③リンパを流す
一日中同じ姿勢だと血流やリンパの流れを悪くさせますので、とにかくまず姿勢を正すことに意識を持っていってください。
パソコンに座ると、つい猫背になってしまいますから、背中をシャキッとさせましょう。両手を上に伸ばす、肩を軽く回す、肩甲骨同士を引き寄せたりすることで、顔のリンパを流すことができますよ。また、耳の下や眉頭の下・こめかみなど顔周りのツボや、首の両耳の下あたりに両手を添えて、鎖骨のくぼみまで優しく撫で下ろすようにマッサージするのもいいですね。


●さいごに

全然老けていないのに、パソコンやスマホのせいで一気に老け顔に見られるなんて最悪です。目の下のたるみなどなど、解消するようにしてください。
トイレ休憩に立った時は、頬の筋肉を意識しながらゆっくりと「さしすせそ」と口を動かしてみましょう。声に出す必要はありません。顔全体の筋肉を動かすことが大切ですからね。
また、お昼休憩のときは、誰とも話さない時間を作るのも一つの手です。休みに入ったら、せめて最低5分は目を閉じてリラックスしてください。長時間パソコンを見続けて、疲れが溜まっていますから、目の筋肉を休ませてあげることが重要です。




CSS85_mbakubiwokashige20131019_TP_V
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)