女性が思っている以上に、バレンタインデーをセンシティブに捉えている男性はたくさんいます。彼らいわく本命かどうかよりも義理チョコでも数をもらえるかどうかが大事なのだそうです。男性としてモテるかどうかの指標となり、義理チョコでもたくさんもらえる人は人気者という認識のようです。それだけ男性の方が、女子よりも「モテ」に敏感なことがよくわかります。

女子以上にバレンタインデーには敏感なわけですから、義理チョコをうっかり本命チョコだと勘違いしてしまう男性も少なくはないようです。とんだ勘違いに渡した女子にしてみても困惑しまいますし、何よりもお互いの関係がギスギスしてしまいますよね。煩わしい思いをしないためにも、しっかり予防線を張っておく必要がありそうです。今回は、勘違いさせない義理チョコの渡し方をお話していきたいと思います。気持ちがないわけではありませんが、恋心があるわけではないんですよね……。

◆皆の前で皆と同じチョコを配る

平等に同じチョコを皆に配っている状況であれば、一人だけにチョコを渡しているわけではないのがわかりますし、特別なチョコを渡しているわけではないのもわかります。呼び出したり、待ち伏せしたりすると特別な感じがしてしまい、バレンタイン効果もあってか恋愛対象として捉えてしまうようです。幸せというかなんというか……。また、配るチョコを皆同じにすることで逆差別化となり、特別感がなくなるため勘違い防止には効果的です。

◆友達や同僚と一緒に配る

義理チョコにお金もかけてはいられませんから、友達や同僚と共同購入して渡すのも良いでしょう。経済的なだけでなく、連名で渡すチョコを本命だと思う男性はいないはずです。更には、共同購入したメンツで一緒に皆で配るのが安全だと思います。それでも本命だと勘違いする男性は重症ですよね。渡す際に「お世話になっていますので」など一声かけるのも良いかもしれません。

◆中身も包装も凝りすぎない

手作りチョコや可愛いメッセージカードなど、少しでも凝ったチョコは本命チョコに間違われる可能性があります。こちらとしては本命の男性のために作ったチョコの余りだと思っていても、自分のために作ってくれたと勘違いする男性もいるようです。変に敏感になっているイベント時期なので、勘違いさせるほうが悪いと逆上してくる人もいますので、注意しましょう。

義理チョコだとはわかっていても、バレンタインデーにチョコをもらう男性は多いようです。確かにホワイトデーは1ヶ月先のことなのに、お返しもちゃんといただけますよね。それだけ意識したイベントなのだと思います。ただし意識が高い(悪い意味で)男性もいるので、勘違いさせないように気をつけてイベントを楽しみましょう。



CL201_syoruiteisyutu20140830185506_TP_V
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)