新しい年が始まって少し経ちましたが、素晴らしい1年になるように「気」を整えてみませんか。「気」を整えることであなたの「運気」も上がるに違いありません。様々な「気」について調べてみました。あなたも「気」の流れを整えてみましょう。


「気」とは

古代より中国では「気」とは自然界に存在するすべての物質の構成単位であり、エネルギーのもとと考えられていました。そしてすべての出来事や変化は気が動き流動することに寄ってあらわれる減少としてとらえられたのです。よく「気」がいいと聞いたりしますが、これはどのようなことでしょう。

「気」の廻りがよい人
「気」が充実している人
「気」の量が多くパワーに溢れる人

「気」というのは目に見えるものではありません。風水の世界では大地に充満するエネルギーのようなものを言っているようです。私たちの廻りにある目に見えない強力なエネルギーの流れが存在しているということです。その中には良いエネルギーも悪いエネルギーもあります。そのような「気」を整えて体や環境も整えてみてはいかがでしょうか。
年とともに疲れやすい、人間関係がうまくいかなくなってしまったと感じることがあったら、それは「気」の流れが滞っているためになっているのかもしれません。

●「チャクラ」を活性化する
チャクラとは「気」の出入り口です。そのチャクラを開く前に周りの環境を清潔にすることが大切です。
水回り(トイレやお風呂)や玄関は要注意です。

●呼吸を整える
腹式呼吸でゆったりとした呼吸を心がけます。ヨガや瞑想などは心もリセットされるのでよいでしょう。

●自然や動物と触れ合う
自然や動物と触れあることによりチャクラが活性化されます。森林の空気を吸ったり動物たちと過ごす時間を作りましょう。

●食事に気を付ける
自分が出来る範囲で構わないので「体に良さそうなもの」を食べるようにしましょう。これから先の自分が今食べているもので出来ていると考えるだけでも変わります。


「病は気から」は本当にある
病は気からという諺は良く耳にしますが、これには科学的根拠もあるようです。私たちが日常生活を健康に贈ることが出来るのは自律神経が必要に応じて働いているからです。この自律神経の働きがうまくいかなくなると体調が崩れます。自律神経の働きには「気」が関係しているという事のようです。


「気」の流れを整える
「気」の流れをコントロールするのが風水では重要とされています。「気」は人間の血液を同じようなものと考えられているので、気が滞りなく流れているのが重要なのです。家の中で部屋の隅々まで「気」が通り、渦巻きのように流れているのが良い状態です。


重要なのは「玄関」
家の顔とも言える玄関は「気」の入り口です。あらゆる運気を左右する最重要ポイントなのです。叩き、玄関周りはすっきりと整えて余計なものは置かないようにしましょう。玄関の正面に窓がある場合は良い気がそのまま窓から出て行ってしまうので、背の高い観葉植物などで覆うようにしましょう。床にものが散らばっていると良い気の流れを妨げてしまうので注意しましょう。


とにかくお掃除
ほこりは邪気(良くない気)のもとになります。床はしっかりとお掃除しましょう。見逃しがちな箪笥の裏や家具の下なども忘れずに。


人の心の「気」
「気」にはプラスとマイナスがあります。マイナスの「気」が心の中に多くなると、やることなすことがうまくいかなくなります。逆にプラスの気が心の中に溢れると何事もうまくいく方向に流れていきます。運命を好転させるためには、悪い「気」を断ち切って、良い「気」を呼び込む必要があるのです。日常生活のあらゆる場面においてプラスの良い「気」を増やす癖をつけることが大切です。

考えてみれば、「気」というのは色々な言葉の中に含まれています。とても重要なことなのですね。「気」は自分次第でいい方向に変えられるものです。すぐに実践して良い「気」の流れを作りましょう。


ajpg
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)