女も30近くなると結婚したいなあと感じる人が多いのではないでしょうか?お付き合いをしている相手がいれば安心ですが、そうでない場合はちょっと焦ったりしますよね?でも、会社にもいい人いない、友達も結婚してしまって紹介が望めない、コンパにも誘われなくなった…こうなってしまったら出会いそのものがないため、結婚という夢が遠ざかっていくような気持ちになると思います。

そんな時、思い当たるのが≪婚活パーティ≫結婚したいと願う男女が集う、結婚のためのコンパです。けれど、「婚活ってどんなことするの?」「婚活パーティに行ってるなんて恥ずかしい」「婚活パーティは怪しいとこと」などなどいろんなイメージが先行してしまって、なかなか一歩を踏み出せないこともあります。でも、婚活パーティってそんなに怖いところじゃないんですよ?上手に利用すれば出会いもたくさんあるし、良い結婚相手を探すこともできます!婚活パーティのことを知って、堂々と利用してみましょう。


【婚活パーティに来る人はちゃんとチェックを受けている!】

婚活パーティは出会い系のような感じがしてなんとなく怪しいイメージ…と思うかもしれませんが、出会い系と違うのは「まじめにお付き合いしたい人たちが集う」というところ。確かに、知らない人同士が集まるので警戒しちゃう気持ちはありますが、参加者は主催者によってきちんとチェックされているのが普通。年収や年齢、学歴に嘘はないか、本人であることに間違いはないか、きちんと結婚の意思はあるかどうか、などいろんなチェックを経てやっと登録が許されます。中には不妊や性病歴もチェックを入れるところもあるくらいの徹底ぶりです。なので、出会い系とは違い、ある程度の安心感をもって相手探しをすることが出来ます。


【条件からマッチする相手を探すことが出来るので夫探しにはピッタリ】

恋愛~結婚だと、いろいろ相手から聞き出しながら条件をすり合わせていくことになりますが、婚活パーティだと最初から相手の条件がわかっていますので、相手探しのための時間短縮に繋がります。結婚を焦る年齢ならなおさら、ちょっとでも時間を節約したいはず。数か月お付き合いして自分の条件に合わないことが判明するより、最初から条件ありきで探す方がいいはずです。「子供は○人希望」「同居なし」「年齢○×才~△○才まで」「年収は最低でも○△×円欲しい」そんな風にどんな人がいいのか自分の希望をしっかりと確認してから参加しましょう。


【基本的なパーティの流れ】

基本的なパーティの流れは以下の通り。

登録して参加希望を出して、人数が合えば当日参加が可能になります。パーティ当日は個々に番号が振られていますので、自分の番号とお目当ての人の番号はしっかり覚えておきましょう。パーティ内容は企画会社によって様々。立食形式で自由に喋れるタイプのパーティもあれば、途中で司会の進行によって全員と話せるように割り振られたりすることもあります。どちらにしろ、効率よく話すことが出来ないと相手からの印象も薄くなってしまいますし、条件の良い相手を探し出せなくなってしまいます。なので、少しでも印象付けられるよう、努力は必要かもしれませんね。パーティの終盤には、カードが渡されますので、希望の相手の番号を書き込み、司会者にわたします。希望の相手も自分の番号を記入してくれていればマッチング成功!カップル成立です。


【マッチングしたからと言って結婚しなければならないということではない】

マッチングしたら即結婚しないといけないのでは?という不安があるかもしれませんが、そんなことはありません。特にアフターケアのある結婚あっせん所では、マッチング後も住所や電話番号の管理を行い、デートの約束なども会社を通して行うようにしているため、自分の個人情報が相手に知られることはありませんし、断りたい場合は会社から上手に断ってくれたりもします。そうでない場合も、トラブルがあれば中に入ってくれたりするのが普通ですし、「やっぱり結婚となるとちょっと違うかも…」という場合にも相手に上手に伝えてくれたり、アドバイスをしてくれたりするところがほとんどです。不安が大きいようであれば、どのような形態になっているのか入会時に訪ねておくとよいかもしれませんね。

自治体が行う婚活パーティのケースだと割と放置気味だそうですが、金額が高い会社の場合は、主催者がリードしてくれることが多いので、できれば良い婚活会社を探すようにしましょう。




marriage-918864_960_720
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)