左利きの皆さん、なぜか左利きというだけで羨ましがられる人生を送ってきましたよね。本人にしてみれば才能ではなく習性なので反応に困るものですが、真似して左で字を書く友人も続出したことと思います。でも、左利きの本人にしてみれば世の中が右利き用に作られすぎて不便の連続。実生活では困ることのほうが多いものです。そこで今日は、左利きが世の中を生きにくさを感じる瞬間をまとめてみました。

・食事の時に隣の人と肘がぶつかる

右利きの人が自分の右隣にいる分には問題ないのですが、左隣にいると必ず肘と肘がぶつかってしまいます。テーブル席や知り合いであればなんとか回避できそうではありますが、カウンターなんて最悪ですよね。混み合っている店内なんて特に申し訳ない気持ちにさせてくれます。

・スープバーのおたまの難易度が高い

数々の世の中での困難の中でも、地味に困るのは片方が細くなっているタイプのおたまです。右利きにとっては手前が細くなっているので使いやすいのでしょうが、左利きにとっては丸いほうが手前にあるので本来のおたまの意図をなしていません。具材もはみ出やすいですし、難易度が高めです。

・改札を出るときにもたつく

右手で定期入れを持つことに慣れてしまったので(右も使えるようになるのも左利きの特徴ですよね)、不便さは感じませんがふとした瞬間にもたつきますよね。左手から右側にタッチするわけですから、手が遠回りしてしまいます。たまに同じことをしている人を見ると親近感が湧きます。

・ハサミの使い方が下手くそ

ハサミが使えない奴は馬鹿だと父親から言われたことがありますが、左利きにとって右利きのハサミは最強に使いづらいですよね。ハサミなのに切れない、挟むだけの状況になることばかりです。特に古くなって真ん中のまるい部分が馬鹿になっていると完全に使いこなせません。

・リングノートが苦手

リングノートのリングって邪魔じゃないですか? まだ左側を書いているときは障害にはなりませんが、右側なんてリングが当たらずして書くことができません。そして地味に痛い。中学時代に学校で無印良品が流行った時、私もリングノートが欲しかったものですが、早々に断念しました。

・文字を書くと手が真っ黒になる

小学校時代の「書写」の時なんて信じられない黒さに手がなったものです。未だに子供のように手書きで書いた後は手が真っ黒になる人が多いと思います。ちょっと嫌ですよね。縦書きであれば問題はないのですが、大概が横書きですから、汚れるのが必須です。

右利きの人たちに謎に憧れられる一方で、日常にはたくさんの左利きで困ることがたくさんあります。本人たちとしてみれば、生きにくさを感じたり、逆に適応して生きたりしているので特技でもなんでもないんですけどね。ただし、同じ左利きで字を書いている人を見た時、書きづらそうだなとは思ってしまうんですけどね!




927353adaba3390fc1896c063d94b63b_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)