親戚や友人が新しく家を建てたとき、新居に引っ越しをしたときのお披露目する会に招かれた場合は、どうしたらいいの? そういった疑問やマナーについて紹介します。

Q1 お披露目の会に招かれたらどうしたらいい?


A2 招待されたのですから、なるべく都合をつけて訪問しましょう!そして家や内装を褒めてあげると喜ばれますね。心を込めて言いたいですね。

Q
2 マンションでも新築祝いなの?

A2 一戸建てではなくマンションであっても、新築で購入したのなら「新築祝い」になります。中古住宅なら「引っ越し祝い」になります。

Q3 お祝いは持って行けばいいの?

A3 お祝いは大きなものならあらかじめ送りましょう。そうでない場合は当日に持って行くようにしましょう。もしかしたら訪問先でお茶やお料理をいただくかもしれませんので新築のお祝いの品だけではなく、ちょっとした焼き菓子など手土産として一緒に持って行くと良いかもしれませんね。

Q4 お祝いの品はどうしたらいいの?何にすればいいの?

A4 お祝いの品として絶対にタブーなものがあります!こたつやヒーター、コンロやライターなど。これらはいけません。「火」を連想させるものだからです。よほど相手がそれを欲しい!とリクエストして言っていない限り、これはタブーですので気をつけましょう。そして色も赤いアイテムのものは避けましょう。家にとって火は火事に結びつくものですので縁起が良くありませんので避けましょう。

絵画や壁の飾りなど、壁に穴をあけないといけないようなアイテムもあまり好ましくありません。特に新築の場合はあまり歓迎されませんので気をつけましょう。

インテリアに関係するものなども人気です。時計や傘立て、おしゃれなダストボックスなどがありますが、人それぞれ好みがありますし、できれば事前に希望のものがあるか聞いておくことができたら用意できるので良いですよね。もしそれが難しい場合は、現金や商品券が良いでしょう。あとから本人が自分の好みのものを買うことができるので喜ばれるでしょう。

また上司へのお祝いの場合、マットやスリッパなどは「踏みつけて使うもの」なのであまり良くありません。「踏み台にする」といった意味を連想させるので避けた方が良いでしょう。

Q5 現金や商品券の場合、どうしたらいいの?

A5 親戚なら1万~3万円くらいが目安でしょう。友人なら5000円~1万円くらいでしょうか。友人とのつきあいの程度にもよりますが、一般的には友人よりも親戚の方が少し高くすることが多いようです。お金を包む場合は、紅白ちょう結びの祝儀袋を用意しましょう。表書きは「祝御新築」や「御祝」と書きましょう。

またカードなどに少し「おめでとうございます」や「これで好きなものを買ってください」などとメッセージを書いて一緒に添えても気持ちがこもっていてと良いかもしれませんね!ですが、相手が自分よりも目上の場合は現金や商品券は失礼に当たる、という見方もありますので避けた方がよいでしょう。

Q6 お花は送っても大丈夫?

A6 大きな花束はそれに必要な大きな花瓶がすぐに用意できない場合もありますのであまり良くないかもしれません。また大きいとそれを置く場所にも困るかもしれませんよね。もしお花を贈りたいのなら、最初からポットやバスケットに入ったものなどでそのまま飾れるものが好ましいでしょう。プリザーブドフラワーや小さな鉢植えなども可愛くてすぐに飾ることができるので喜ばれるかもしれませんね!

いかがでしたか? マナーを守り、新居に招かれたらお互い気持ちよく過ごしたいですよね。相手のことを気遣って訪問させてもらいましょう♪

贈答品に最適
越前漆器の老舗粂治郎

2b1ee5d630cb1bcfd7d0e155a1bcd683_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)