会社に出勤せずに、自宅や好きなところで仕事が出来たらいいそのように考える女性は少なからずいるはずです。でも、実際に仕事はあるの?ちゃんと仕事が出来るのかしら?お給料はどれくらいもらえるの?と不安や心配もありますね。在宅勤務の実情はどのようになっているのか調べてみました。


「在宅勤務」

在宅勤務と言っても大きく2つのタイプに分かれると思います。通常の会社勤めをしていて在宅勤務が認めらてるので在宅勤務を選択してする場合と初めから在宅ワークとして働く場合があります。


「在宅勤務のメリット・デメリット」

在宅勤務をするうえでのメリットとデメリットはどのようなことなのか気になりますね。

※メリット

・時間が有効活用できる
・通勤時間による時間のロスやストレスがない
・自分である程度スケジュールを組める
・家族との時間を増やすことが出来る
・人間関係のストレスを減らすことが出来る
・高齢になっても継続して働ける可能性がある
・育児中でも働きやすい

※デメリット

・自己管理能力を高める必要がある
・コミュニケーション不足の可能性
・孤立感が高まる

時間が自由になるので育児中の人などには働きやすいかもしれませんが、自己管理を徹底しないといけないということですね。


「在宅勤務」の職種

様々な在宅勤務の職種がある中で、現代に一番需要がある仕事は、パソコンを使った仕事と言えます。ですから、在宅勤務をしたい人で一番の近道は、パソコン関係の仕事を見つけることでしょう。その他、電話を使った業務も多少あるようですが、いずれにしても連絡手段としてはパソコンは欠かせないことが多いようですね。また、IT企業では在宅勤務を取りいれているところも多いようです。IT分野ではデータのやり取りのみで仕事を完結することも出来る為、企業にとっても在宅で雇う方がコストがかからないことも多くあります。そのため在宅で仕事をすることが出来たりします。昔は「内職」と呼ばれたようなシールを貼ったり、細かい部品の組み立てのような作業もありますが、報酬はあまり高くないことが多いようです。少しでも家にいる時間でお金を稼ぎたいという人にはいいかもしれません。


「在宅勤務のアルバイト」

女性が在宅で働きたい場合はアルバイトと言う形態が多いのかと思います。子育て中、介護中のため時間を有効に使える在宅勤務は願ってもない働き方と言う人が大勢います。在宅勤務なら通勤時間もかからずに隙間時間を有効利用して働くことが出来るところがいいですね。また、パートに出ていてそこでの人間関係に悩んでいる人も多くいるようです。在宅勤務ならその心配もなく仕事だけに集中出来ます。
ただし、たくさんの人がいる職場ではチームワークで仕事を仕上げたり、お互いにカバーしあって仕事をすることもありますが、在宅の場合は自分一人の仕事なのでミスはそのまま自分の責任です。逆を言えば、たくさんの中で仕事をしていて自分の実力がきちんと評価されないというようなことはなくなります。きちんと成果を出せばそれなりの評価を受けることも出来るのです。


「在宅勤務をするには」

一番早いのは求職サイトなどで探すことです。最近はあまり聞かなくなりましたが、一時期内職詐欺のようなものがよくありました。初めに一定のお金を払ってから仕事が発注されるという事でお金を払ったけれど実際の仕事がないというようなものです。初めにお金を払うという形態は注意が必要です。いずれにしても契約時によく契約の内容を確かめてからにしましょう。


外に出て働くことがなかなか難しいという人にとって「在宅勤務」という働き方はとてもありがたいものです。人間関係のストレスに悩んでいる人にとっても選択肢の一つとして良いと思います。今は働き方も様々になっています。フリーで在宅で仕事をして大成功している人もいらっしゃいます。「在宅勤務」を考えてみるのも良いかもしれませんね。


home-office-336373_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)