医学博士で脳科学者の中野信子さんは2015年4月30日放送のテレビ朝日系の情報番組「ワイド!スクランブル」の中で、『これだけシニアに資産が偏在していたら、(成人した子どもたちは)“働かないことが一番合理的な選択だ”と思っているかもしれない』といった主旨の発言をされて話題を呼びました。また中野さんは、『私がいなければこの子はダメなのよ、と親に思わせてあげること。親に存在価値を与えてあげていることが、親孝行になってもいる』とも言い、さらなる波紋を呼んでいます。統計が存在するのかどうかは分かりませんが、「働いておらず、実家を出てもいかない“成人した子どもたち”」と、「働いてはいるけれど実家は出て行かない“成人した子どもたち”」を合わせると今のわが国ではかなりの数に上り、しかも年々急ピッチで増えていっているのではないかという印象は受けます。


【女子と男子では実家暮らしを続ける理由が違う】

ここに興味深い調査結果があります。リクルートグループが運営する住まい探しの情報サイトSUUMOでは、2015年3月に、首都圏に実家があり実家暮らしをしている20歳から39歳までの未婚の男女400人を対象に[SUUMO実家暮らし調査]を行っていますが、それによると“未婚の成人した子どもたち”が実家暮らしを続ける理由には、女子と男子では明らかな違いがあることが分かったのです。どのような点が違うのか。以下に詳述させていただきます。


【女子が実家暮らしを続ける大きな理由は、「親との関係性・仲がよいから」】

女子が実家暮らしを続ける理由の第3位に入り、男子と大きく違っている点は、女子では「親との関係性・仲がよいから」と答えた人が全体の40.5%。20歳から24歳までの女子では53.8%を占めている点です。ご参考までに男子でこう回答した人は全体の19.5%にしか過ぎず、20歳から24歳までの男子では僅か17.2%で、男子が実家暮らしを続ける理由ベスト10の7位にやっと入っている程度でした。
この調査結果から先ず第一に、「実家女子は親と仲がよいため、なかなか実家を出られない」という面があることを指摘することができます。


【女子が実家暮らしを続ける理由で男子にはないものは「一人暮らしは寂しい、怖いなど不安があるから」】

次に、女子が実家暮らしを続ける理由の第8位に入り、男子ではベスト10入りすらしていない理由で、「一人暮らしは寂しい、怖いなど不安があるから」です。女子全体の23.5%、25歳から29歳までの女子では何と32.4%もの人がそう答えています。たしかに、この年代の女性の一人暮らしは犯罪に十分注意される必要があり、納得できます。昔なら多くの女性が既に結婚していて旦那さまがいた年代と言えるのでしょうが、今は29歳で女性が独身なのは普通も普通です。


【女子ではベスト10入りしない理由。「親に家にいてほしいと言われるから」】

一方、男子では全体の9.0%で35歳から39歳までの男子だと10.6%に上りベスト10の第10位に入っている理由である「親に家にいてほしいと言われるから」は、女子ではベスト10入りしていません。さすがに女子を持つ親御さんたちは「家にいてほしいから結婚はしないでくれ」とは言いにくいのであろうということがうかがい知れます。


【女子も男子も実家を出ない本当の理由は「一人暮らしをできるほどのお金がないから」】

この調査では、女子の場合も男子の場合も実家を出ない理由の第1位が「職場が実家から通えるところにあるため」(女子全体の64.0%、男子全体の62.0%)となっていますが、これは女子・男子とも2位に入っている理由の「一人暮らしをできるほどのお金がないから」(女子全体の55.0%、男子全体の41.5%)と同じことを、シャイな表現で言っているに過ぎません。お金さえあれば、自由で束縛のない一人暮らしや、あるいはまた結婚して自分の家族を築いたり、とりあえず好きな男子と同棲してみたり。そうしたいのが女子の本音だろうと筆者は思います。


【実家女子をつづけることに伴うデメリットとは】

今のわが国で、“既に成人した子どもたち”を取り巻く経済的な環境がどれだけ過酷なものであるかは、筆者は分かっているつもりです。特に、非正規で働く女子の人たちが貰っている賃金は(男子もそうですが)、実家に住んで家賃を節約しなければ生活が成り立ちえないくらい低いものだと思います。

ですが、そんな中でも実家を出て、低い収入であるにもかかわらず自己管理を徹底して立派に一人暮らしをしている人も、中にはいるのです。「実家を出て生活して行くのはしょせん無理だから」と自分に言い訳をしながらずっと“実家女子”を続けていると、そういった生物が本来持っているタフさや生存能力が損なわれてしまう恐れがありはしないでしょうか。筆者は男性ですが、料理や掃除、洗濯、修理、税金や公共料金の管理などといった“生活の基礎”については、若いうちから実家を出て一人暮らしをしたことによって習得できた側面が大きいと思っています。

実家女子のみなさんには、そんなこともたまには考えてみていただければと思うのです。人生は、求めつづけてさえいれば親よりも話しが分かり合える異性と出遭えるものなのだということを、信じていただきたいなと思うのです。

<参考:[SUUMO実家暮らし調査]調査期間2015年3月19日~2015年3月20日>




widow-1148929_960_720
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)