コンビニに行くとき様々なところで迷うときがありませんか。そんな時のために、このサイトをみて、比較していただきたいと思ってつくりました。


・セブンイレブン

イトーヨーカ堂が米国発祥の小売店とライセンス契約を結び、1974年に日本で営業を開始(のちに米国セブン-イレブンを買収)。日本のコンビニの草分け的存在です。国内店舗数は約1万8000。“絶対的なおいしさ”にこだわり、常にこれを軸として、商品開発から物流まで取り組んでいるということ。商品のカテゴリー別に同じ温度で配送する「温度帯別配送」もそのひとつです。スローガンは「近くて便利」。地域の人へのサービスを重視し、配達サービスにも力を入れている。

なお、電子マネーのnanacoは、セブン&アイグループのほか、ドラッグストアなどの加盟店で使える。還元率は基本100円(税抜)=1ポイント。貯まったポイントは電子マネーとして、約18万の加盟店で使用できます。もちふわパンケーキ メープル&マーガリン 金の海老チリソース サラダチキン カルボナーラスパゲッティ(冷凍)  金のアイス 濃厚生チョコ 【バニラアイス】などセブンプレミアムというセブンイレブン特有の商品がたくさんあることで知られています。


・ローソン

東京に本社を構えるコンビニエンスストアチェーン店。1975年に1号店である「桜塚店」をオープンした後、全国への展開を開始。1997年7月には業界で初めてすべての都道府県へ出店した。企業理念は『私たちは“みんなと暮らすマチ”を幸せにします。』。通常のローソンと、都内を中心とした関東に出店している「ナチュラルローソン」、ひとり暮らしの人がターゲットで、低価格な品が揃う生鮮コンビニ「ローソンストア100」の3種を軸に展開しています。

2013年から「マチの健康ステーション」をスローガンに掲げており、健康や美容に配慮した商品が豊富。おにぎりからお弁当、お菓子までヘルシーな商品が揃い、健康への意識が高い人からの支持が厚く、 Pontaカードは、ローソン各店舗や提携企業で使えるポイントカード。還元率は基本100円(税抜)=1ポイント。貯まったポイントは買い物に利用したり、「お試し引換券」に使って対象商品と引き換えることもできます。プレミアムモンブラン もちもちカスタードパイ プレミアム 純生クリームチョコレート ぎゅっとショコラなどローソンでは、比較的スイーツといった女性に人気の商品が多いです。


・ファミリーマート

ファミリーマートは日本発祥のコンビニエンスストアとして、1973年埼玉県に実験第1号店を開店し、1978年からはフランチャイズ方式にて事業を開始。2009年にはam/pmと合併しました。国内店舗数は約1万1400。スローガンは「Fun&Fresh」。ファミマはここまでやるか! と驚きやワクワク感を与えるべく、商品改革に取り組んでます。 店舗展開としては異業種と提携してさまざまなことにチャレンジしており、持ち込みOKのカラオケ店舗や、地域色の強いスーパーマーケット、ドラッグストア、外食店、農協などとの一体型店舗がある。

「一緒に用事を済ませられる」というメリットを見据えて、人々の生活の不便解消を目的としている。そのほか、首都圏を中心に出店しているオシャレな印象の『ファミマ!!』などもあります。ファミマTカードは、ファミリーマートやTポイント提携店で使えるポイントカード。還元率は基本200円(税込)=1ポイントだが、1か月の購入金額に応じて、翌月のショッピングポイントがさらにお得に貯まります。ファミリーマートは、比較的バランスよく様々な種類の商品がありボリュームが多いものが多いです。


いかがでしたでしょうか。今波に乗っている3社のコンビニ争い、これからもそれぞれの特徴を生かした様々な商品が出されるでしょう。今一度注目してみては、いかがでしょうか。


エンスカイ公式通販サイト・エンスカイショップ

20160216_dcardcp_a1
画像引用元:ローソン 公式ホームページ

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)