仕事が休みの日に家でゴロゴロして1日が終わってしまうと、「あー今日何もしなかった……」という罪悪感と無駄にしてしまってもったいないといった気持ちになりませんか。といっても今週は仕事が忙しくて、元気に外に遊びに行ったり、友達と騒いだりする元気はないからゆっくりしたい気持ちになる時もありますよね。ゆっくり過ごせて充実した気持ちにもなれる過ごし方とはどのようにしたらいいのでしょうか。

<ゆっくりしたくても、外出すること>

ゆっくり体を休めたい、と思っても実は家でじっとしていても体はなかなか休まらないって知っていましたか。ある人は家にいるとほこりや乱雑においているものに目がいって掃除が止まらなくなる、またある人はゆっくりしていたけれど、ついうとうとしてしまって、結局夜は早くに寝られなくて寝不足のまま月曜日の仕事に行ったなど「家にいれば休める」と思い込んで逆に疲れてしまうことも多いのです。

そこで、疲れない程度のお出かけ、つまり近場に出かけましょう。といっても、疲れているので人混みは避けたいところです。買い物したり、友達と会ったりも楽しいのですが、ゆっくりしたいのであれば、できれば気を遣ったり、買物のしすぎで罪悪感を持ったりは避けたいですよね。

皆さんのおうちの近場にカフェはありますか。好きな作家さんの新刊を持ってカフェに行ってみませんか。1人で行けば自分の好きなタイミングでお茶のお代わりを頼むこともできますし、お腹がすいたらちょっと早くても、遅くてもランチをとることもできます。

<カフェで読書、意外な効果?>

最近はブックカフェも増えて、自分で本を持って行かなくても、いろいろな分野の本を読みながらお茶をすることができます。自分で選ぶとついつい同じ作家さん、同じ分野が増えてしまいますが、ブックカフェに置いてある本から選ぶだけで少し視点が変わります。

子どもの頃の本の読み聞かせや読書がとてもいいことはよくわかっていても、大人になると時間がなくてなかなかゆっくり読書する時間をとれない、という人も多いと思います。でもこの読書、大人にこそとてもいい効果があると知っていましたか?イギリスの研究ではたった6分間の読書が68%のストレス解消に効果的という発表もありました。この68%の比較対象となっているのは音楽(61%)やコーヒー(54%)です。また読書をすることで、コミュニケーション能力を磨くことができるという報告も出ています。

読書をすることで身につく表現力や語彙力によって文章を作ることが上手くなります。つまり、自分の言いたいことを文章にする力が身に付き、会話力が向上するのです。

<家ではなくカフェで読書する効果とは?>

もちろん読書することだけで十分な効果があるのですが、家ではなくカフェで読書するとプラスの効果があります。その1つはスタッフの人と話すことができることです。オーダーしたり、メニューのことを尋ねたりと少しのことですが、人と話すだけで先程話したコミュニケーションを実践できます。

また、ルームウェアーでダラダラと家で読書するのではなく、きちんと着替えてお化粧をするだけで気持ちがシャキッとしますよね。また、まわりのカフェに来ている人のファッションチェックもできます。「あ、あの子が着てるシャツかわいい」とか「あのバックどこのだろう?」などなど。じーっと見ることはできませんが、読書の最中にちらっと見るだけなら許されますよね。もちろんその逆もされているかもしれませんので、しっかりとおしゃれはしていきたいですよね。

通勤途中でも、家でもどこでも読書はできますが、あえて休みの日にカフェで読書することでいいことがたくさんあることがわかりました。休みの日はついつい疲れたから、と家でだらだらとしてしまいがちですが、ちょっとおしゃれして(会社に来ていくスタイルとはまた違うテイストでも楽しいですよね)おしゃれなカフェで、おしゃれなカップでカフェオレを飲みながらの読書、今週末の過ごし方はもう決まりですね。


毎月最大1200ptお得!【ひかりTVブック月額プラン】

611a2410258f334a9b83e8698cf76cc0_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)