読者の皆様は、OTC薬(市販薬)と処方薬ではどちらを好みますか?またその違いについてはご存知ですか?今回は、市販薬と処方薬の違いとその上手な使い分けについてのお話です。


<OTC薬とは>

OTC薬は、以前は市販薬・大衆薬などとも呼ばれていましたが、2007年より「OTC医薬品」という名称に変更、統一されました。英語の「Over The Counter:オーバー・ザ・カウンター」の略で、カウンター越しにお薬を販売するスタイルに由来しています。OTC医薬品は、「個人が自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てをする」という「セルフメディケーション」のために使用する薬です。セルフメディケーションにより体調の管理をし、症状が軽い段階でOTC医薬品を服用することが病気の悪化を防ぐことにも繋がります。OTC医薬品の使用でQOL(生活の質)の改善•向上、健康の維持•増進が計られるのであれば積極的に取り入れたいですね。


<OTC薬の分類>

OTC薬は、処方箋なしで購入することが出来ますが、副作用などのリスクに応じて要指導医薬品・第1類医薬品・第2類医薬品・第3類医薬品の4つに分類されています。

*要指導医薬品・第1類医薬品
薬剤師でなければ販売することはできず、副作用、相互作用などの安全性上、特に注意が必要な一般用医薬品。

*第2類医薬品
薬剤剤師または登録販売者が販売でき、副作用、相互作用などの安全性上、比較的注意が必要な一般要医薬品。

*第3類医薬品
薬剤剤師または登録販売者が販売でき、副作用、相互作用などの安全性上、第1類医薬品や第2類医薬品に相当するもの以外の一般用医薬品。


<OTC薬の有効成分>

多くの第2類、3類医薬品は、一つの薬の中に色々な症状に効果がある有効成分が入った総合的な薬です。合併症や副作用が起こらないように安全な用量で作られています。要指導医薬品・第1類医薬品の中には、処方薬と同じ有効成分でも処方薬よりも低い用量に抑えられているものあります。


<処方薬とは>

医師が診察に基づき患者の症状にあった薬を患者の体質なども考慮し、個々の患者の体重や年齢などに適した用量で処方された薬です。医師の診察の後、処方箋が発行され、処方箋に従い薬剤師が調剤し薬の説明などをし患者へ渡されます。処方箋薬は、保険調剤薬局でなければ調剤することができません。


<処方薬の有効成分>

配合薬を除いては、一つの医療用医薬品には、一つの有効成分が含有します。処方される際は、各症状に対して必要な薬が処方されます。例えば、風邪で熱、喉の炎症、咳の症状で受診した場合には、抗生物質、解熱剤、咳止め、胃薬などいうように複数の薬が処方されます。胃が悪くなくても薬の服用によって胃に負担がかかることが予想される場合は、胃薬も一緒に処方されます。


<OTC薬、処方薬のそれぞれの利点>

OTC薬は、やはり利便性が一番の利点でしょうか。いつでもドラックストア等で症状に合わせ自由に選べるのは、急な症状や忙しい人には利用しやすいと言えます。これに対し処方薬は、症状に対しピンポイントで薬を服用でき、症状が良くなるに従い不要な薬は中止できる点が利点といえます。


<OTC薬から処方薬に切り替えるべきタイミングは>

OTC薬は、安全性が高い反面、症状によっては効果が不十分な場合もあります。OTC薬の効果を判断するには3−5日程度の服用する中で全く改善しない場合や症状が悪化する場合は、医師の診察を受けることが望ましいです。OTC医薬品には、抗生物質がないため症状によっては、速やかな受診が必要なこともあります。


<まとめ>

セルフメディケーションが広がり国民が病気に対し「治療から予防」へと意識が変われば、健康な人が増え、その結果、医療費の削減にも繋がることも期待できるかもしれませんね。(ドラックストアなどで市販薬を服用する際は、薬剤師によく相談しご自分の症状に適した薬を選ぶ様にして下さい。)




drug-943759_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)