最近若者のSNS離れが叫ばれています。筆者もミクシィやらフェイスブックやらツイッターやら@gamesやらいろんなSNSをやってきましたが、確かにちょっとマンネリ気味かも。SNS自体への魅力が急速に失われてきている原因はなんでしょうか?今日はその辺をちょっと掘り下げてみましょう。


【SNSでの人間関係に疲れてしまう】

ネットの仲とはいえ人間関係。すっごく気を使ってしまうんですよね。毎日INしないといけない、コメントしないといけない、更新しないといけない、そんな強迫観念を感じてしまいがちなのがネットの人付き合い。だって、その中でしか交流がないんですから、丁寧な行動が求められるのも仕方ないのです。でも、そんな強迫観念に似たSNSでの生活って結構大変。毎日の生活を犠牲にしてまでやることでもありませんし、リアルの生活を重要視していたらそこまで必死になれないんです。一度でもそこに気づいてしまったら急にSNSが面倒に感じられるようになる、そんな思いがSNSをやめるきっかけにつながっていくのでしょう。


【人の目が気になるようになってしまう】

SNSで行動を起こせば他の人の反応が気になってくるもの。それも疲れの原因につながります。「コメントは付いたかな」「返信はあるかな」そんな気持ちが抑えられず、ついつい頻繁に画面チェックを行ってしまうのですね。でも、それって一回やめてしまえばあとはなーんにも気にならなくなるもの!いったんお休み時間を持ってしまえば、解放感に満たされ、結局SNSには戻らなくなってしまうんですよね。


【自由につぶやけなくなったFB】

FBに限った話ではないのですが、とりあえず、一番この理由で離れた人が多いSNSはFBだと思うので…実名公表しているため、周囲は知り合いばかり、どうかしたら職場の人まで!という風になってしまったらもう、そこは小さな現実世界です。つぶやく内容も考えないと後々の火種になりかねません。気を使ってまでネットにアップする意味ってあるの?と気づいた人からどんどんやめていってるんですよね。「あの人とはつながっていたいけど、この人とはつながりたくない!だけど検索されて申請来ちゃった」そんなトラブルも頻繁にあるようです。義理でやるSNSになってしまったのが衰退の原因かもしれませんね。


【インスタグラムは人気】

SNSの人気が下降していく中、主に画像シェアのインスタグラムの人気は上昇中です。インスタグラムの何が今の時流に合っているのでしょうか。インスタグラムの特徴は、仲の良い人中心という部分かもしれません。ツイッターは自分が知らない間にどこまでも拡散するケースがありますし、フェイスブックは名前を検索されたり友達の友達…なんていう全くの他人にも友達申請をされることがあります。けれどインスタグラムで自分を見つけようと思ったらハッシュタグをたどっていかなければならないため、こっそりやるにはぴったりのSNSなんです。自分の投稿が拡散されるということも少ないため、安心して投稿できますしね!しかも、投稿内容もおしゃれな画像が中心となっているため、好き嫌いがわかれにくいのもいいかもしれません。現代の若者が求められているSNSはまったりペースで進められるもの、なんでしょうね。

ちなみに筆者はTumblr派。ネットで拾った気に入った記事を垂れ流しているだけの簡単SNSです(笑)デザイン性も高く、のんびりできるので自分のノート代わりに使わせてもらってますよ!芸能人も多く登録しているそうですし、興味のある方はぜひTumblrも覗いてみてください!




hand-1148981_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)