忙しい現代日本に生きる私たち。時間はいくらあっても足りません。仕事ばかりで遊べない、自分の時間も欲しいなあ……そんな人は多いはず。でも、人によっては上手に自分の時間を使い充実した毎日を送っていますよね。その差って何だと思いますか?

それは、時間の使い方です。どんな人にも時間は平等です。一日24時間しかないのです。上手に効率よく使えるかどうかが充実した人生を送れるかどうかのカギになることは間違いありません。時間を上手に使って自分の時間を作り出しましょう。

【生活リズムを一定にすることがキーポイント】

人間、共通してやらなきゃいけないことは決まっています。寝て起きてご飯食べて着替えて歯磨きしてお風呂も入って……それらの時間は必要最低限の時間ですよね。まずはそのどうしても必要な時間を一日にあてはめましょう。

そしてパターン化してみましょう。11時に寝たら6時に起きて8時までに準備、帰宅は大体7時、お風呂に入って9時には寝れる状態など。そうしたら次は何をしようかなんて思いませんし、まあ、いっかなんてダラダラして時間が無くなってから焦るなんてことはありませんよね? まずは必要な行動をパターン化して必ず行うようにしておくこと。これが時間の余裕を作るカギなのです。

【ダラダラが時間の無駄遣いになっていることが多い】

学生時代、「ん~、この問題解いたからちょっと休憩しよう」なんてやっていたら、勉強よりも休憩時間の方が長くなり、後で慌てて問題解いた! なんて経験はありませんか? 掃除していたら懐かしい漫画が出てきて、読んでいたら結構な時間が経っていたなんていう経験もありますよね?

ダラダラしちゃって時間を無駄にすることは割とよくあることなんです。無駄に過ごしちゃうからこそ、本当に必要な時間が取れなくなっちゃうんですよね。休憩するときは、きちんと時間を決め、流れに沿った動きをするようにしましょう。

【あれもこれもと手を付けない】

あれもこれもと手を付けて結局すべてが中途半端な人っていますよね。時間を上手に使うコツの一つに「できないことをするな」というものがあります。時間は無限にあるわけじゃないんです。そんなにアレコレできるわけがないのです。やらなきゃいけないこととそうじゃないことの優先順位があるはず。できることから片付け、できないことはあとで、必要のないことはしないでおく。これも大切なポイントの一つですよ。

【時間を意識していますか?】

時間を使うのが下手な人は、時間を意識していないことがあります。今は○時だから△時までにはあれをしないと、あと10分でこれを終わらせないとあっちが間に合わない、という風に時間を意識した動きをすることが出来ればだらけることなく時間を無駄にすることがありません。

常に時間を意識し、次の行動を頭に入れておくことで、時間の間に隙間が出来たり遅れが出たりをふせぐことができるようになります。ほんの少しの時間の無駄でも1週間、1か月、1年と積もれば積もるほど大きな時間となりますので、大事にしましょうね。

【時は金なり! 時間を上手に使える人は人生上向き】

時間を上手に使える人は、それなりに余裕を持った生活ができます。空いた時間で自分磨きが出来ますし、資格取得も可能になるでしょう。ゆったりした生活を送るため、心にゆとりができ、人付き合いも余裕をもってこなせるようになります。

そして得てしてそういう人は社会でも重用され、出世の道が開けたり良いご縁にあずかれたりするものなのです。そう、時間を上手に使える人は、それだけで世の中をうまく渡っていけるものなのです。勝ち組になれるかどうかは時間の使い方次第!時間を上手に使えた人が最後に勝つのです。まさに時は金なり! ですね。

話題の腕時計

hourglass_4_516737
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)