「睡眠」を大切にしていますか。とても大切な事ですが意外とおろそかにされがちです。忙しいとついつい睡眠時間を削ってしまう結果になってしまうのもわかります。でも、「睡眠」こそ美の秘訣と言っても過言ではないようです。睡眠についてみてみましょう。


「睡眠時間」

あなたはどれくらい睡眠時間を取っていますか。仕事や家事で忙しかったり、パソコンとにらめっとしているうちについつい睡眠時間を削ってしまったということよくありますね。理想の睡眠時間はよく8時間と言われますが、これには医学的な根拠があるわけではないようです。多くの人の睡眠時間が6~9時間くらいと言う統計から出された平均的な時間なのでそうです。では、何が睡眠に大切かと言うと質ということ。短い睡眠時間であっても足りている人もいますし、8時間以上必要な人もいるようです。基本的には、日中眠気がなく、活動していくために十分であれば何時間でも構わないといえます。


「女性の睡眠障害」

女性は特に月経前に睡眠の質が悪くなると言われています。これは女性ホルモンの影響によるものです。エストロゲンとプロゲステロンと言う2つの女性ホルモンにコントロールされているのが女性の性周期です。これらのホルモン羽向けの抑制や睡眠中枢にも大きな影響を及ぼすのです。中でも排卵~月経直前にかけて分泌される黄体ホルモンは睡眠の質を悪化させることがわかっているそうです。その為月経前は睡眠の質があまり良くないと言えるのです。月経前に日中に眠気に襲われる経験お持ちのことと思います。頭痛やイライラなどの不調を訴える女性も少なくないのです。これも女性ホルモンの変化や睡眠の関係が大きな原因と言えるのでしょう。これは一時的なものなのでなるべくその時期にはリラックスを心がけるようにしましょう。


「美肌タイム」

短い時間でも構わないという事ですが、女性にとって大切なのは美肌タイムであるということ。睡眠不足が続くとお肌が荒れてしまう経験皆さんお持ちのことと思います。お肌の新陳代謝は眠っている間に行われています。睡眠時には副交感神経が優位になり、お肌の血流量も増加します。その血流にのって栄養素や成長ホルモンが肌細胞に届けられ、新しいお肌への生まれ変わりを促しているのだそうです。

「お肌のゴールデンタイム」と言う言葉聞いたことありますね。夜22時から午前2時くらいを指している言葉で1日のうち一番成長ホルモンの分泌が盛んな時間帯なのです。この時間に睡眠をとることは、お肌だけでなく体全体の調子にもかかわる大切なことです。とはいうものの22時から睡眠をとるのはなかなか大変な事。そこは無理をせずなるべく早めに眠りにつくようにしましょう。眠り始めの3時間の眠りの質を高めると成長ホルモンが多く分泌されるいうことなのでその方法がいいですね。


「睡眠」の質を高めるために

睡眠の質を高めるためには眠る前が大切です。その為に大切な事は以下の通りです。

・食事は眠る3時間以上前にとっておく
・眠る前にパソコンやスマホを見ない
・入浴は眠る1時間以上前までに済ませ、ぬるめのお湯につかる(40度くらいで20分程度)
・眠る1時間以上前から照明を落として体をリラックスモードにしておく
・体に合った枕や布団を選ぶ
・体をストレッチして血行をよくしておく
・コーヒーや緑茶などのカフェインの入った飲み物は飲まない
・お酒は眠りを誘う効果はあるが、利尿作用もあるのであまりおススメではない
・眠る前にはホットミルクがおススメ。
・心地よいアロマなどの香りなどを部屋に香らせる

睡眠についていかがでしたか。出来れば質の良い睡眠をしっかりと取って、美と健康を手に入れたいものです。「寝る子は育つ」ではありませんが、質の良い睡眠をとり、「寝る女性は美しくなる」と言われるようになりたいですね。


ドクターズサプリメント【ディディトリニティー 002】

01f6561653713634ad439e6da46a0823_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)